【健康な猫のウンチとは】
〜下痢は消化不良のサイン?〜

健康な猫の場合、 1日に1回か2回の排便があります。ウンチの大きさは猫の大きさにもよりますが食べているフードの分量に相当していれば大丈夫です。ウンチは硬くなく、柔らかくもなく指でつまんでも形が崩れない状態でしたらOK です。「下痢」というのは病名ではありません。ウンチの水分が増加した柔らかい状態を指す言葉です。健康的なウンチに含まれる水分の量は約70%です。これに対して、水分を80%以上含む場合を下痢と呼びます。水分が90%以上になりますと水のような状態になります。下痢は何かの異常により腸の中で水分を充分吸収できなかったり、腸管へ水分が出ることによって起こります。
ウンチは猫の健康を確認する鏡です。毎日、ウンチの状態をチェックすることにより猫の健康状態を確認することができます。

猫の下痢対策 | Fanimal(ファニマル)

【何が下痢を引き起こすのか?】

では、猫はどのようなときに下痢をするのでしょうか。まず、急にフードを変えた場合、食べ過ぎて、腸の中で消化、吸収力が落ちると、消化されていないフードが腸内に残ります。このような状態になりますと、腸内に過剰の水分が発生して、それがウンチと一緒に体の外に出ることにより下痢をします。
また、人間と同様、体が冷えると猫も下痢をしやすくなります。急激な温度変化や体を冷やした状態で長時間過ごすことはウンチが柔らかくなる原因になります。水の飲み過ぎ、食物繊維や脂肪分の多いフードを与えすぎると、消化不良により下痢の原因になります。

【異常を感じたらすぐ病院に!】
〜日々のトイレチェックで対策を〜

猫はデリケートな動物です。環境の変化やストレスを感じると下痢をします。病気による下痢もあります。ウイルス性の感染症、免疫異常、膵臓や腎臓などの内臓疾患や糖尿病でも下痢が継続して起こります。ウイルスに感染しますと嘔吐や発熱を伴う下痢が起こりますので、注意が必要です。死に至ることもあるほどです。
サルモネラ菌や大腸菌などの細菌によっても下痢を引き起こします。毒物や異物を口にしても下痢をします。殺虫剤やネズミなどの駆除薬、観葉植物などを口にして中毒を起こすことにより激しい下痢になります。このような場合、血便や嘔吐を伴いますので、早急に動物病院へ連れて行き、解毒処置や胃の洗浄を行わなければ死亡することがあります。また、フードの中に含まれるタンパク質に対してアレルギー反応を起こして下痢になることもあります。動物病院と相談してアレルギーに対応したフードを与えるようにします。寄生虫が消化管の中にいると、下痢を起こすことがあります。寄生虫による下痢の場合、栄養状態が悪くなり、下痢も長引く傾向があります。動物病院で寄生虫の検査をしてもらい、寄生虫の駆除薬を処方してもらいましょう。
猫は大変デリケートな生き物です。
ストレスによっても下痢を引き起こすことがありますので、ストレスの元になっているものを探し、改善することが必要です。普段から猫のトイレの中をのぞいて見て、下痢をしているようでしたら原因を確かめて、対応策を講じてください。

(Visited 72 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう