猫の尻尾の長さは個体差が大きく、ボディと同じ長さの子もいれば、逆に驚くほど短い子もいるもの。
中でも一般的な猫よりも尻尾が短いのが「アメリカンボブテイル」と呼ばれる猫種。
今回はそんなアメリカンボブテイルの歴史や特徴、飼い方のコツなどを詳しくまとめてみましたので、ぜひこれを機に詳しくなってみてくださいね。

アメリカンボブテイル | Fanimal(ファニマル)

 

アメリカンボブテイルの歴史とは?

アメリカンボブテイルは人間によって交配されることなく、自然に発生した猫種です。1960年代、休暇を楽しむためにアメリカの南西部をドライブしていたサンダース夫妻は、アリゾナ州のインディアン保留地で1匹の子猫と出会います。

斑点の縞模様と丸い尻尾を持っていたその子猫は「ヨディ」と名付けられ、もともと愛猫家だったサンダース夫妻に飼われることになりました。サンダース夫妻はスノーシューに似た品種を作り出すため、自宅で飼っていたシャムとヨディを交配させましたが、2匹の間に産まれたのはすべて尻尾が丸い子猫ばかりでした。

その後、他のブリーダーたちが改良や育種を行い、現在のアメリカンボブテイルのもとになる猫が完成したのです。
アメリカンボブテイルは国際猫協会ともいわれるTICAから1989年に公認されたばかりだということもあり、まだまだ歴史の浅い猫種でもあります。

 

アメリカンボブテイルの特徴とは?

アメリカンボブテイルの頭部は変形くさび形で、丸みのある輪郭をしています。
目は綺麗なアーモンド形で、耳に向かってわずかに傾きながらついているのが特徴。
被毛はブラウンやレッド、ブルーなどすべてのカラーパターンが見られ、腹部の毛が長めになっています。
毛種も短毛と長毛の両方が存在しているので、好みに合わせて選ぶとよいでしょう。
ボディタイプはロング&サブスタンシャルで、骨格や筋肉がしっかりしているため、抱きあげたときに重みを感じます。
そして、最大のチャームポイントでもある短い尻尾はウサギのように丸くて2.5cm程度しかありません。

 

アメリカンボブテイルの性格とは?

穏やかなアメリカンボブテイルは社交的な一面もあるため、他の猫とも仲良く暮らしていけます。
さらに協調性があるため、小さなお子さんがいるおうちでも飼いやすいのが魅力。
運動量も多いため、遊びを通してスキンシップを取っていけば、信頼関係も築きやすくなります。
特に子猫から成猫になるまでの成長期は運動量が増す傾向に。
ただし、アメリカンボブテイルは歴史の浅い猫種だからこそ、まだ性格にバラつきがあるということも理解しておくようにしましょう。

 

アメリカンボブテイルにしてあげたい日頃の世話やケアとは?

アメリカンボブテイルの長毛種は一般的な長毛種よりも、被毛がもつれにくい毛質になっています。ですから、長毛種の場合でも1日に1回程度のブラッシングでOK。また、蒸しタオルを使って全身を軽くマッサージしながら被毛を整えてあげるのもおすすめです。

さらに、アメリカンボブテイルには遊び好きな一面があるので、運動量を増やしてあげることも大切。例えば、アパートなどの集合住宅では上下運動がしにくいため、キャットタワーを設置してあげるなどの対策をとっていきましょう。

 

アメリカンボブテイルを飼う上での注意点とは?

ブリーダーとしてアメリカンボブテイルを飼育したいときは近親交配を避けるために、メインクーンとの交配が認められているということを知っておくのがよいでしょう。また、アメリカンボブテイルは一度育種の途中で遺伝性疾患が見られたため、計画を立て直して育種が再開された猫種です。

そのため、現在では遺伝による病気は少ないといわれていますが、性格がまだはっきりしていないように特徴にもバラつきが生じることもあります。比較的新しい猫種だからこそ、購入時に健康状態をしっかりと確認したり、異変を感じたらすぐに動物病院へ連れて行くようにしましょうね。

 

こまめなチェックで健康を守ろう

アメリカンボブテイルの平均寿命は12~15年ほど。
血統書付きの猫種としては長生きしてくれやすいのですが、寿命を延ばすためには飼い主さんのこまめな健康チェックが大切になってきます。
ぜひこれを機に、スキンシップを重視しながらアメリカンボブテイルとの日々を楽しく過ごしていきましょう。

 

(Visited 60 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

MAMORIO
MAMORIO