結構ツンデレ?実録!本に載ってないヨツユビハリネズミの生態

最近ブームのハリネズミ。実は、ペットとして飼えるのはヨツユビハリネズミという種類なのです。

小柄で、目はまん丸で、外側は針がトゲトゲなのに内側は毛でフサフサ。その愛らしさが人気を呼んでいますね。

今回はそんなヨツユビハリネズミについてお話したいと思います。

ハリネズミの概要と歴史

ヨツユビハリネズミ1 | Fanimal(ファニマル)
ハリネズミは、英語でhedgehogといいます。日本語に訳すと、「生垣の豚」です。

家々の生垣の下に寝床を作ったり、生垣沿いを歩き回っている、豚に似た顔つきという意味でそう名付けられています。

ネズミの仲間と誤解されることが多いのは、ハリネズミを「針鼠」と勘違いしているからでしょう。

姿もネズミにどことなく似ていますしね。ですが、ネズミとは全く別の生き物です。

 

フクロモモンガの飼い主さんに聞いて見た 関連記事

 

ハリネズミの仲間はハリネズミ目に分類されています。

食虫目というアマズモグラやヒメハリテンレックと同じ仲間と分類されがちですが、きちんとハリネズミ目として分類されています。

ハリネズミはアフリカ、ヨーロッパ、ユーラシア大陸に生息しており、日本には生息していません。

種類としましては、ハリネズミ属、アフリカハリネズミ属、オオミミハリネズミ属、インドハリネズミ属などがありますが、一般的にペットとして日本で販売されているのは、アフリカハリネズミ属のヨツユビハリネズミになります。

カラーバリエーションとしましては、「ソルト&ペッパー」「ブラウン」「アルビノ」「グレー系」「チョコレート」などがあります。

ヨツユビハリネズミの特徴と性格

ヨツユビハリネズミ2 | Fanimal(ファニマル)

身長は、18~22cmで、体重は300~500gになります。

低木の茂みやサバンナの草原、郊外の公園や庭を好んで生息しています。

ピグミーヘッジホッグとも呼ばれており、ヨツユビハリネズミとアルジェリアハリネズミの交雑種とも言われています。

ちなみに、ハリネズミのオスとメスの見分け方ですが、生殖器の位置が異なっています。

オスは、肛門から離れた、お腹の辺りに生殖器があるのに対して、メスは肛門のすぐ隣に生殖器があります。

見比べてみると全く異なりますので、分かりやすいですよ。

ハリネズミは単独生活をする動物なので、ほかのハリネズミと一緒になる時は繁殖時と子育てをするときだけになります。

活動時間は夜行性なので、夜の9時~0時、午前3時頃がピークです。

生活空間は地面の上で、モグラのように地中に潜ることはありません。縄張りはないのですが、ほかのハリネズミと行動範囲が重なることはありません。

性格は、神経質で臆病な生き物なので、小さな物音や気配を感じるだけで警戒します。

嗅覚や聴覚が鋭いため、知らない臭いを感じ取ったときはすぐさま隠れてしまいます。警戒しているときは体を丸めて、針を立たせて「フシュー」と唸ります。

 我が家のハリネズミ「つくね」

ヨツユビハリネズミ3 | Fanimal(ファニマル)

我が家で飼っているのは、ヨツユビハリネズミのオスになります。

初めは、怯えてしまい端に隠れて丸まっていました。怒る時には数段階あり、針を立てるだけの警戒モードから、頭突きをしながらジャンピングする最大級の怒りモードまであります。

以前は慣れなくて怒ることも多かったのですが、最近では警戒する程度になりました。安心して寝袋の中で寝ていることがほとんどです。

私はペットショップで、タイ産のハリネズミを購入したのですが人には慣れていませんでした。

1年かけて慣れるようになり、今では安心している時に針を触らせてくれるまでになりました。

ツンデレなところがあり、寂しそうな顔をするときはたくさん撫でさせてくれますが、普段は怒っています。

日頃の世話とケア

ヨツユビハリネズミ4 | Fanimal(ファニマル)
毎日の掃除とえさやりと水の交換は欠かせません。

ハリネズミは、綺麗好きなので部屋をきれいに保つ必要があります。

さらに、皮膚病になりやすいので汚れには気をつけましょう。トイレは決まった場所にするので、掃除は簡単です。

大抵のハリネズミは慣れてくると回し車でトイレをすることが多いので、回し車にペットシートを付けたり、下に敷いておくと手軽です。

えさはハリネズミ専用のフードがあります。

ですが、1度食べていたものをずっと食べる習性があり、食わず嫌いなところがあるのでペットショップで食べていたえさのブランドをそのままあげることをおすすめします。

他には、ミールワームやコオロギ、ささみやりんご、バナナなどの動物性タンパク質や、食物繊維の豊富なものを食べさせましょう。

ハリネズミは爪も伸びてきますので、こまめに切ってあげることも大切です。伸びたままにしておくと爪が長くなりすぎて病気になってしまいます。

お風呂に入れると体が丸くなりにくくなるので、ぬるま湯に浸けて切ってあげるとやりやすいですよ。

お風呂は基本、入らなくても平気なのですが、足が汚れていたり、ふけがついていたら洗面所にぬるま湯を溜めて洗い流してあげましょう。

シャンプーなどは使わずにぬるま湯だけで平気です。

飼う上での注意事項

ヨツユビハリネズミ5 | Fanimal(ファニマル)
ハリネズミは非常に臆病な性格で単独行動が好きなので、構われることを苦手としています。

なので、なつくことはありません。人に慣れることはありますが、それは子供の時からブリーダーに育てられたハリネズミがほとんどで、ペットショップで購入したハリネズミは慣れにくいです。

なので、慣れさせるためには根気が必要とされます。

無理に抱えたりすることで余計に怯えてしまうこともありますが、そうなることでストレスが溜まり病気になる場合も考えられます。

飼う際には十分に検討してください。

飼い主が見た本当のフェレット 関連記事

ハリネズミは、泡を出して体に擦り付ける!

ヨツユビハリネズミ6 | Fanimal(ファニマル)
ハリネズミの習性の一つに泡を出す行為があります。

例えば、マリーゴールドの種やさつまいもを口に含んだ時のことなのですが、クチュクチュとガムのように口の中に含んで噛みます。

噛んでいくうちに泡が出てきます。口が泡でいっぱいになると首を捻って体に泡を擦り付け出します。

舌を器用に使って、体に擦り付けるのですが、そのあとはそのままの状態。マリーゴールドやさつまいもで体が黄色くなります。

ハリネズミは、特殊な匂いと感じ取った場合に、体に擦り付けることで防衛していることがあると一説では言われていますがまだ、詳しくは解明されていないようです。

(Visited 157 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク