産後に突然起こった異変

相手のわからない敵との闘いの始まり

ハニーは白いビーグル犬。わずか生後38日の手の平に乗るほどの小さな身体で、先住犬レモンのお嫁さん候補として我が家にやって来ました。そして立派に2度のお産を終え、交配を止めた後の発情の時、ハニーの身体に異変が起こりました。

掻きむしる程に体中を掻き、目の周りや腕の付け根、胸などは赤くただれ血を出すほど。
病院で血液検査によるアレルギーテストを受けましたがアレルギーは全くありませんでした。

その結果から出された診断が『アトピー性皮膚炎』でした。

アトピーとは、もともと「特定されていない」「奇妙な」という意味を持ちます。
アレルギーがないハニーは、まさに症状の原因が何なのか特定できないことから、『アトピー性皮膚炎』という診断が下されたのです。

ハニーのアトピー奮闘記 顔が傷だらけのハニー | Fanimal(ファニマル)

この日から、ハニーのアトピー治療が始まりました。

 

3つの治療法

①痒みを抑える高炎症剤の投薬
②アレルゲンの除去対策としてシャンプー
③処方食による食事療法①痒き出したらステロイドを投薬します。
飲んでいる期間は治まりますが、投薬期間が終わるとまた掻く様になるので再び処方してもらいます。

②シャンプーは一時期仕事に行く前に毎朝していました。

③処方食による食事療法は、当時は処方食とはいえアトピー専用食は一般的ではありませんでした。

そのため特定アレルゲン除去を目的に処方されるのですが、ハニーにはアレルギーがありません。
一応アレルギー専用の「七面鳥」が主原料のものが処方されました。

その後効果が診られないため「ナマズ」に変更しましたがこちらも効果は現れませんでした。

 

見るのも辛い痒みとの闘い

特に効果は現れ無いまま5年が経ちました。

夜中に身体を掻きむしりながらフローリングに足を叩きつける音が家中に響き渡ります。
発情の時は特に痒がりました。
ストレスを感じると酷く掻きむしるので、ハニーの前でストレスが掛かる様な言葉すら発さない様に気をつけていました。
それほど可哀想で、こちらも辛いのです。始めは、「掻いたらダメ!」と注意もしていましたがその言葉すらストレスになりかねません。注意することもなくなりました。

そんなある日、ハニーが花壇などの障害にぶつかるようになり診察を受けると大学病院を紹介されました。
半日に及ぶ検査の結果、『白内障です。人間での事例があるので恐らくステロイドの服用が原因だと思います。
このままだと緑内障に発展する可能性がありますが、ハニーちゃんの場合は特殊な体質(色素薄弱)なので、まずは手術出来るか検査が必要です。
手術を行っても緑内障になる可能性はあります』と言われました。

白内障や緑内障とアトピーはまた別の問題です。アトピー治療はこれからも続きます。
『ステロイドが原因』と言われてしまうと、もう怖くて飲ませられません。

私は視力を戻すより、今までと別な方法でアトピーによる痒みを取り除く方法を探そうと決意しました。

 

サプリメントとの出会い

人用のサプリメント「キトサン」

知り合いに相談すると、「人間用のサプリメントで『キトサン』がアトピーに効果的らしい」と紹介してくれました。『ペットのサプリメント』という本にもキトサンがアトピーに効果的であると書かれていたので、早速試しました。その他にも体質の改善や免疫力アップを目的に、『ノニ』などの人間用サプリメントも与えました。
また、そのころ耳にするようになった『手作り食』も試してみたいと思い、手作り食がカリキュラムに組み込まれていた『わんちゃんリフレ』の講座を受講するため、札幌で働きながら東京のスクールに週1〜2回のペースで通いました。

マッサージやアロマ等様々な自然療法を学びましたが、最終的にサプリメントと手作り食での体質改善を試みることにしました。

それから間もなくハニーの痒みは嘘のように治まりました。『キトサン』は確か錠剤のものをたった1本。最終的には手作り食のみの生活でその後アトピーを発症することはありませんでした。

ハニーのアトピー奮闘記 眼圧が上がったハニー | Fanimal(ファニマル)

残念ながら『緑内障』は発症してしまいました。ハニーは眼圧が上がると震えながらただ黙って痛みに耐えていました。

ハニーのアトピー奮闘記 晩年のハニーとパール | Fanimal(ファニマル)

私の様々な選択と挑戦に、必死に答えようと耐え忍びながらも、ビーグルらしい明るく悪戯好きな性格が、必要以上に私を苦しませることはありませんでした。

最期も乳腺腫と闘うこととなりましたが、15歳6ヶ月でその長くて短い生涯を終えました。

私がペット業界に入ろうと決めた年からハニーとの生活が始まり、犬に関する色々なことを学ばせてもらいました。

ハニーとの経験が私の人生に大きく影響しています。身を持って無償の愛を与えてくれたハニーとの闘いの日々が、誰かの参考になれば私たちも救われます。

※この記事は実体験に基づいて書かれているため、個人の感想・見解が含まれています。

 

(Visited 131 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

MAMORIO
MAMORIO