犬が舐めるといった行動をするときには、必ず何らかの意味合いが込められています。

犬の感情表現の一つなのですね。なので、犬を飼う際には調べておくと犬の気持ちが理解できますよ。

犬が舐める部分によって感情表現が違う

犬は人間と対話をすることはできませんが、野生下で集団行動をしていたこともありコミュニケーション力が高い動物です。なので、感情表現を動作で伝えてくれるのです。今回はその中でも、「舐める」と言った行為についてまとめてみました。

犬が舐める箇所によって感情の意味合いが変わってきます。飼う際には知っておくと便利でしょう。

 飼い主を舐める行為

まずは、飼い主を舐める時の感情を探っていきましょう。よく犬は、顔を舐めてきたり、足を舐めてきたりしますよね。実はこの舐める場所が違うところがポイントなのです。舐める箇所によって感情の意味合いが違ってきますので見ていきましょう。

 

 1、顔や口を舐める行為

顔や口を舐める時は、数種類の意味合いがあります。まずは、愛情表現です、飼い主さんが大好きですと舐めることで伝えているのですね。

それから、お腹がすいたときや遊んで欲しい時などのアピールをしたいときにも顔を舐めてことがあります。

ご飯の時間になると執拗に顔を舐めてくることってありませんか?もしかしたらお腹がすいているのかもしれません。

そして、もうひとつは挨拶を表しています。敬意や好意を抱いている証拠ですね。

 

2、手を舐める行為

手を舐める行為にも様々な意味が込められています。

挨拶の意味を込めて舐めてくることもありますし、相手の出方を探ろうとしている場合もあります。

飼い主さん以外の知らない人が訪ねてきた時に手を舐めていたら、相手が自分に害はないのかなど様子を伺っているのかもしれませんね。

また、怖くない、安心できると感じている時にも手を舐めてきます。一緒にソファーでくつろいでいる時に舐めていたら安心しているのかもしれませんね。

他にも遊んで欲しい時にも舐めてきます。手を舐める動作には多くの意味がありますのでその場の状況で判断していくことが大切になります。

 

3、耳や鼻を舐める行為

これは単に、耳や鼻がしょっぱいので舐めていることが多いです。

犬は塩分やしょっぱいものが好きなので気になっているのでしょう。

 

4、足を舐める行為

遊んで欲しい時には、足にじゃれ付きながら舐めてくることがあります。

かまって欲しい時のアピール行動ですね。

それから、執拗に舐めているときはもしかすると足の臭いが気になっているのかもしれません。

犬は鼻が敏感なので足の臭いに興味があるのでしょう。

犬自身を舐める行為

犬は、飼い主を舐めるだけではなく、自分自身を舐めることもありますよね。なぜそんなに舐めているのか気になるときってありませんか?

単に毛づくろいをしている場合もありますが、色々な感情が込められているケースもあります。

 

足や体を舐める行為

単に、毛づくろいをしているケースもあるのですが、怪我をした時に治すための行為として舐めている場合もあります。どこかにぶつけて痛いときに舐めたりすることもありますね。

それから、ストレスを抱えている場合もあります。散歩に行かせてもらえずに運動不足な状態が続いたりすると、そのいらだちを発散させるために舐めているのかもしれません。

あまりにも舐めすぎてしまうと、毛がなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 腕や足を舐める行為

あまりにも頻繁に舐めていたら、注意が必要ですね。

ストレスによる異常行動かもしれません。

狭いケージの中に入れっぱなしのときや、飼い主さんが旅行で長期不在などがあると過剰にストレスが溜まる場合があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?犬の普段の何気ない動作には実はいろんな意味があったのですね。これを知っておけば愛犬がどんな気持ちで生活しているのかが見えてきそうです。

是非、覚えておきましょう。

 

関連記事

愛犬が吐いた!どうすればいい?

ペットのストレスについて

しつけの前に知っておいてほしい事

犬の老い支度って何すればいい?

犬の予防接種で防げる病気

(Visited 9,691 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

MAMORIO
MAMORIO