犬も私たち人間と同じでからだのどこかにしこりができる場合があります。そして、しこり=腫瘍となり、腫瘍には良性と悪性の2種類しかないということも同じです。もし、愛犬の体にしこりがあったら、それはどんな病気でどんな治療があるのでしょうか。

犬のしこり1 | Fanimal(ファニマル)

愛犬の身体をさわって病気チェック
関連記事

愛犬のからだにしこりを見つけたら

いつもと同じように愛犬の体を触っていたら、「あれ?こんなところにしこりなんてあたっけ?」と気づくことがあります。私たち人間もそうですが、しこり=腫瘍となり、腫瘍には、良性と悪性の2種類があります。良性であれば問題ありませんが、その腫瘍が悪性だった場合は、治療が必要となり時に命に危険を及ぼすこともあります。しこりは、できる場所によって症状や治療法も異なります。そのため、愛犬のしこりを見つけたら、早い段階で動物病院にて診察をしてもらう必要があります。

考えられる病気とは

愛犬の体にしこりを見つけたら、以下の病気の可能性があるため他にもしこりがないかなどチェックして動物病院で診断してもらいましょう。

■乳腺腫瘍

乳腺腫瘍には、良性と悪性があります。比率としては半々といったところですが、中には炎症性乳がんという非常に悪性の腫瘍ができることもあるため注意が必要です。乳腺腫瘍の場合、乳房(乳頭の中やその周辺)に腫瘍ができると、触れた時にコリコリとした硬いしこりがあります。
その他、乳腺の腫れや熱感などで異常を知ることが出来ます。また、悪性の乳腺腫瘍の場合、外科手術にて腫瘍を取り除いた後、化学療法などを行うことが多いです。ちなみに、乳腺腫瘍と聞くと、メスだけになる病気だと思いがちですが、雄にも発生するため注意が必要です。大切な家族を守る、犬の予防接種と予防できる病気について
関連記事

■肥満細胞腫

肥満細胞腫とは、主に犬の皮膚にみられる高分化した腫瘍で、悪性度が低いですが、その形態や症状は様々なのが特徴です。通常、直径1~4cm程の弾力ある腫瘍で、腫瘍の表面には毛がありません。初期の所見としては、「なんだか愛犬にできものができた」くらいな状況がほとんどです。しかし、肥満細胞腫は、脾臓・肝臓・リンパ節・骨髄に転移がしやすい腫瘍のため、転移が認められた場合は、外科手術にて腫瘍を取り除く他、化学療法が必要となります。犬には起こりやすい病気のひとつでもあるため、体の一部にしこりを見つけたら、動物病院にて細胞診の検査をしてもらいましょう。

犬のしこり2 | Fanimal(ファニマル)

■リンパ腫

リンパ腫(リンパ肉腫)は、体の免疫を担うリンパ球がガンとなる病気で、体のどこのリンパがガンになるかによって症状が異なります。リンパ腫はガンのため、化学療法にて治療が必要となります。

【多中心型リンパ腫】

犬にもっとも多く発生するリンパ腫が、この多中心型リンパ腫で、下あごや股の内側、膝の裏といったリンパ節が数か所に渡り腫れる(しこり)のが特徴です。元気がない・食欲減退といった症状が見られます。症状が進行すると、下痢・嘔吐を引き起こす他に免疫力の低下から感染症を発症するリスクも高まり命に危険を及ぼします。

 

【消火器型リンパ腫】

消化管のリンパ組織やリンパ節が腫れるの特徴で、嘔吐・下痢・食欲不振といった消化器系の症状が見られます。

 

【皮膚型リンパ腫】

皮膚に腫瘍として現れます。大きさや形状など様々で、紅斑・脱毛など様々な皮膚病変があるため、異変にすぐに気づくことが出来ます。しかし、皮膚型リンパ腫は、肥満細胞腫にも見えるため、見分けがつかないこともあります。そのため、肥満細胞腫同様に細胞診での検査が必要となります。

異変に早く気付くためには

病気の治療は、【早期発見・早期治療】が一番の鍵です。そのため、日頃から愛犬の体をよく触り、しこりがないかをチェックすることが必要となります。その際、しこりの他に何かいつもと違う症状がないか(元気低下・食欲低下・嘔吐・下痢など)もチェックしましょう。また、動物病院に連れて行った際に大事なのは、しこりを検査してもらうことです。先ほど説明した通り、細胞診で検査をしなければ悪性腫瘍と判断することはできません。しこりを見ただけでの病気の判断は、時に愛犬の命を縮めることにも繋がりかねません。愛犬の命を救うのは、飼い主さんの日頃の行動と病気を追求する心です。

犬のしこり3 | Fanimal(ファニマル)
ガンになったシェリーと私の最後の240日間
関連記事
(Visited 167 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク