【フクロモモンガとは?】

愛くるしい姿で人気沸騰しているフクロモモンガですが、一昔前までは爬虫類などを扱う専門的なショップでしか購入できませんでした。しかし、いつしかホームセンターなど、一般的なペットコーナーでもみかけるようになりました。フクロモモンガの歴史や種類について紹介します。

フクロモモンガ1 | Fanimal(ファニマル)

▼フクロモモンガのペットとしての歴史

日本ではペットとしてのフクロモモンガの歴史はあまり長くありません。2011年に飼育に関する専門書が発売されていますが、爬虫類などを扱う専門店ではない、一般的なペットショップで見かけるようになったのは2013年頃だと記憶しています。

飼い主が語るフェレット 関連記事

【モモンガにはどんな種類がいるの?】

アメリカモモンガなどのモモンガ類とは違い、カンガルーやタスマニアデビルなどと同じ有袋類に分類されます。そのため「フクロモモンガ」というカテゴリの中では唯一無二の存在といえるでしょう。

フクロモモンガ2 | Fanimal(ファニマル)

 

【フクロモモンガの特徴と性格】

フクロモモンガはその特徴をしっかりと理解してあげれば、飼い主に絶大な信頼を寄せてくれる、いわゆる「ベタ慣れ」状態になります。特徴や性格を知り、信頼関係の構築を図りましょう。

 

【フクロモモンガの特徴は?】

フクロモモンガの特徴として最初に挙げられるのは、大きな瞳と飛膜でしょう。空を飛ぶ印象が強いですが、鳥のように飛ぶのではなく、木と木の間をパラグライダーのように滑空します。我が家のモモンガもよく滑空していますが、あまり高いところからの滑空は骨折してしまう危険があるので、クッションなどを置いてあげるといいでしょう。長いしっぽも特徴のひとつです。体長は16cm程度とされていますが、そのほとんどはしっぽです。胴体とほぼ同じ長さの尻尾でバランスを取りながら歩き回る姿はとても可愛いですよ。夜行性なのでコミュニケーションを取るのは夕方以降にしましょう。

 

【フクロモモンガはどんな性格なの?】

個体差がありますが、活発で甘えん坊な子が多いです。しかしそれは飼い主に慣れている状態でのことです。元来フクロモモンガは警戒心が強く臆病な性格なので、ゆっくりと慣らしていくことをオススメします。我が家のフクモモの場合はとにかく気まぐれです!ベッタリくっついている日もあれば、こちらにまったく近寄らず部屋の中を好き勝手走り回っていることも。イメージとしては超小型のネコ…といったところでしょうか。

フクロモモンガ3 | Fanimal(ファニマル)

 

【フクロモモンガはどんな世話をすればいいの?】

▼日々の掃除

フクロモモンガは食べ物を咀嚼したあと、絞りカスのようなものを吐き出します。また、一口だけ食べて残りは捨てることもあります。果物などの生鮮食品が主食となるので、食べ残しが腐ってしまったり虫が湧いてしまったりしないように清潔にしてあげてください。マーキングをするので小屋の網も汚れます。放置しておくと臭いの原因になるのでこまめに拭き掃除をするのがいいでしょう。臭い消しにアロマなどを焚くのはモモンガのストレスになるので控えてください。

 

▼温度管理が重要

暑さに強いとされていますが、人間が快適に過ごせない温度はフクロモモンガにとっても快適とはいえません。ケージ内の温度は20度~28度に保ちましょう。温度管理の補助としてサーモも使うと、温度が上がりすぎたり下がりすぎたり…といったことを防げます。我が家ではヒヨコ電球にサーモを取りつけ、冬場のケージ内温度が23度以下になったら自動でヒヨコ電球がつくように設定しています。

 

フクロモモンガ4 | Fanimal(ファニマル)

 

【フクロモモンガを飼う上での注意事項】

▼慣れるには時間がかかる

個体差がありますが生後数週間の赤ちゃんの頃にお迎えしない限り、慣れるのには時間がかかります。慣れるまでは1日30分程度ポーチに入れて首から下げたり、手に乗せた時におやつをあげる習慣をつけたりしてみましょう。

▼栄養バランスに注意を

フクロモモンガは偏食をします。嫌いなものには一切手をつけない子が多いので、バランスよく食べさせる工夫が必要です。専用フードを食べないことが多いので、ミルクでふやかしたりすりつぶして好きな果物の上にかけたりしてみましょう。フクロモモンガ用のネクトンなどのサプリメントを与えてもいいでしょう。毛艶がよくなるだけではなく、モモンガも喜んで舐めるのでオススメです。

ハリネズミの飼い方はこちら 関連記事

【あるある!フクロモモンガとの生活】

▼猫じゃらしが大好き!

フクロモモンガは猫じゃらしが大好きです。我が家では装飾用の羽を購入してお手製猫じゃらしを作っているのですが、すごい勢いでとびかかってきます。

フクロモモンガ5 | Fanimal(ファニマル)

 

▼表情豊か

嬉しいとプクプク、起こるとジージー、鳴き声にもいろいろ種類がありますが、慣れてくると、悪さをしているときのいたずらっぽい表情や、怒られる!と焦った顔などもわかるようになってきます。色々な表情を見ることができるのは嬉しいですね。

 

▼爪切りが大嫌い

我が家のフクモモはとにかく爪切りをさせません。このことで悩んでいる飼い主さんも少なくないのではないでしょうか。無理に切ろうとするとおしっこまみれになり、しばらく触らせてくれないことも…。色々試した結果、ケージにぶら下がっているところを赤ちゃん用の爪切りはさみを使うのが一番スムーズに切れました。

 

 

(Visited 83 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

MAMORIO
MAMORIO