ミニチュアシュナウザーにギャップ萌え♡

立派な口髭に頑固そうな風貌のミニチュアシュナウザーですが、実はとってもお茶目な一面もある魅力たっぷりの犬種です。我が家にはレオンと、ノエル2頭のミニチュアシュナウザーがいます。

レオン(オス7歳)

体重:6.5㎏ 毛色:ソルト&ペッパー
イタズラなレオンは、雑誌「Leon」のちょいワルおやじから命名。

ミニチュアシュナウザー1 | Fanimal(ファニマル)

ノエル(メス6歳)

体重:9.5㎏(ちょっぴり太め)毛色:ホワイト
雪のような真っ白い毛並みのノエルは、フランス語でクリスマスを意味する「Noel」から命名。

ミニチュアシュナウザー2 | Fanimal(ファニマル)

 

そんな2匹の様子も踏まえて「実録!本には載ってないミニチュアシュナウザーの生態」をお届けします。

飼い主が見たヨーキーの秘密 関連記事

ミニチュアシュナウザーの特徴と性格

ミニチュアシュナウザー3 | Fanimal(ファニマル)
○原産国
ドイツ
○体高
30~35㎝
○体重
4.5~7Kg
○外見
体高と体長がほぼ等しいスクエア型
○毛色
ソルト&ペッパー、ブラック&シルバー、ブラック、ホワイト、チョコ、レバー(※スタンダードとして認められていない毛色も含みます)
○被毛
ダブルコート

ドイツ原産で、おじいさんのような眉毛と髭が特徴のミニチュアシュナウザー。名前の由来でもある「シュナウツ」はドイツ語で口髭を意味します。

「人間の脳を持つ犬」とも呼ばれるほど、頭がよく賢い一面があり警察犬として活躍している子もいます。話しかけるとジーと目を見ながら聞いている姿は、まるで人間のようです。

空気を読むのも得意で、私が熱を出して寝ているとレオンが心配そうに顔をペロペロ舐めてくれてずっと側に居てくれました。このように飼い主と犬のコミュニケーションがしやすいのもミニチュアシュナウザーの特徴です。

シュナウザーというと警戒心が強く頑固者、神経質でギャンギャンよく吠えるというイメージが強いようですが、飼い主の私からみるとオンとオフがはっきりとしていて「甘えん坊の寂しがり屋」といった感じです。我が家では天真爛漫のムードメーカーです。

犬が舐める時の気持ちって? 関連記事

ミニチュアシュナウザーの歴史

シュナウザーは原産国ドイツでは古い歴史を持つ犬種で、15~16世紀頃に誕生し主に農場や牧場で小動物(ネズミなど)の駆除や、家畜の番犬として活躍していました。シュナウザーは「ジャイアント」「スタンダード」「ミニチュア」の3種類の大きさに分けられます。なかでも、ミニチュアシュナウザーはネズミの駆除をするために小回りのきく最適なサイズにするためスタンダードシュナウザー×ミニチュアピンシャーを交配させてつくり出された犬種です。当初は、見た目も大きさもバラバラでしたがアメリカで改良を繰り返した結果、現在のミニチュアシュナウザーが誕生しました。家庭で一般的に飼われるようになったのは1970年代頃で、日本ではテリアグループに属しますがテリアほど気難しくなく飼いやすいため世界中で人気となっています。

ミニチュアシュナウザーの日頃の世話とケア

ミニチュアシュナウザー4 | Fanimal(ファニマル)

シュナウザーは抜毛がほとんどなく、お手入れはしやすい方だと思いますが、毛が柔らかく絡まりやすいため、長くなってしまうと毛玉になってしまいます。毛玉になると、毛が絡まってフェルト状になってしまうため皮膚病を起こしやすくなります。

お手入れとしては、お散歩から帰って来たらこまめにブラッシングをするようにしましょう。特に冬場は静電気で絡まりやすくなりますので、洋服を着せる場合は特に注意しましょう。

シュナウザーはトリミングが必要な犬種ですので、1ヶ月に1回くらいを目安に行います。顔周りを四角く整え、胸や背中は2~3㎜、足元は飾り切りにするのが定番のスタイルですが、他にも頭周りと足回りを丸くカットした「プードルカット」や、耳の毛を長めにした「ミッキーカット」、全体的にふんわりカットした「テディベアカット」、男の子は「モヒカンカット」、長いまつ毛が特徴的な「まつ毛カット」なども人気です。

コーギーの性格はこんな感じ関連記事

トリミングによって色々なスタイルが楽しめるのもシュナウザーの醍醐味です。慣れてくれば眉毛や髭、足周りはご自宅でカットすることもできます。

シュナウザーは運動が大好きな犬種です。お散歩は1回30分を目安に朝・晩2回行くのが理想です。

運動不足になるとストレスが溜まりますので、雨が続くようなときは室内でボールやおもちゃで遊んであげたり、我が家ではおやつを隠して探し当てるゲームをしたりしてストレス解消しています。またシュナウザーは飼い主さんとスキンシップをとるのが大好きなので、スキンシップを持つこともストレス解消になります。

 

ミニチュアシュナウザーを飼う上での注意事項

ミニチュアシュナウザーは遺伝的に「若年性白内障」や「進行性網膜萎縮」という目の病気にかかりやすい犬種です。眼球の中央が白く濁ってきた、よくイスや家具にぶつかるようになったなど少しでも異変があった場合は、早めに獣医師さんへ相談しましょう。「尿路結石症」や「糖尿病」も年齢に関わらず比較的多い疾患ですので、年に1回定期検診を受けるなどして予防するのがおすすめです。垂れ耳の子は、耳の中の毛もこまめにお手入れしましょう。毛が伸びていると外耳炎や皮膚炎を起こす原因となります。併せて、肉球の間の毛もカットすることをお忘れなく。意外と見落としがちなのですが、肉球の間の毛が伸びているとフローリングや階段などで滑ってしまいとても危険です。関節を痛めることもあるのでこまめにチェックしてあげましょう。シュナウザーは頑固でかしこい分しつけが大切です。かわいいからとついつい甘やかしがちですが、飼い主さんがリーダーシップをとれるようにしっかりトレーニングしましょう。しつけは楽しみながらしつけることがポイントです。シュナウザーは飼い主さんと遊ぶことが大好きですし、頭がよいのですぐに覚えてくれますよ。

我が家のレオンとノエル>>

いま1/2ページ目を読んでいます次のページへ
(Visited 267 times, 1 visits today)

1 2

MAMORIO
MAMORIO