犬が何かを吐くという行為は、「嘔吐」と「吐出」に分けられます。もちろん、嘔吐と吐出によっても症状は異なり、時に一過性のものもあります。しかし、嘔吐にプラスして何か他に症状がある場合…もしかするとそれは、何かの病気の可能性があるかもしれません。

犬の嘔吐1 | Fanimal(ファニマル)

 

犬が舐める時の意味とは?関連記事

 

「嘔吐」と「吐出」の違いを知ろう

吐くという行為は、私たち人間とは違い犬には比較的多く見られる症状のひとつです。そもそも吐くということは、消化器症状や全身状態の異常によって起こりますが、落ちているゴミをや異物を誤食した場合にも起こります。そのため、吐く内容や症状によって「嘔吐」と「吐出」の2つに分けられます。

嘔吐

私たち人間と同じで、胃の中の物を吐き出すことをいいます。嘔吐の特徴は、吐く前に吐き気が現れることです。吐き気の症状として、急に元気がなくなる・震え・口の周りをやたら舐める・よだれといった症状あり、その直後に嘔吐をする場合が多いです。

 

吐出

飲み込んだものが胃に入る前に逆流して勢いよく口から吐き出される状態のことをいいます。食後すぐに起こることが多いため、食べたフードがそのままの状態で出てきた場合は、吐出ということになります。

犬の嘔吐2 | Fanimal(ファニマル)

 

嘔吐した際は、ここをチェックしよう!

犬が嘔吐をした際、慌てず以下に挙げるポイントをチェックすることが必要です。これは、嘔吐による病気を診断していく上で非常に重要な鍵となりますので、動物病院を受診する際にも可能な限り正確に伝えられるようにしましょう。

食事との因果関係

 何かを食べてから吐くまでの時間は、嘔吐か吐出かの違いを判断する上で必要です。

 

嘔吐した回数

1回に吐いた量や回数をメモしておくと役立ちます。

 

嘔吐した物の状態

 嘔吐したものは何だったか・どのようなものが混ざっていたか・臭いはどうかなども必要です。

 

他に症状はないか

 嘔吐の他に何かいつもとは異なる状態がないかをチェックすることも必要です。嘔吐と関連してよくあるのが、下痢や発熱です。

 

犬が穴を掘りたがるのはなぜ?関連記事

 

嘔吐から考えられる病気

嘔吐をするということは、消化器系の病気をはじめ感染症や腎臓・泌尿器系からくる場合も多いのが特徴です。

犬の嘔吐3 | Fanimal(ファニマル)

 

消化器系の病気

・急性(慢性)胃炎

胃の粘膜に炎症が生じた状態のことで、誤飲や誤食によって起こる場合が多いです。急性胃炎の場合、多くは1週間以内に収まることが多いです。

・急性(慢性)膵炎

 膵臓が自ら作り出す膵液によって消化されて炎症を起こす病気です。膵炎になると、嘔吐の他に下痢・発熱といった症状が見られ、重症化すると死に至る可能性もあるため、早急な治療が必要となります。

 

・腸閉塞

 腸管の内容物が、腸でつまった状態(閉塞)のことをいいます。誤食をした場合にもつまることがあるため、注意が必要です。腸閉塞になると、嘔吐の他、便秘や食欲低下などの症状が見られることが多いです。

 

■ 感染症

・犬パルボウイルス感染症

 激しい嘔吐と下痢を引き起こす病気で、感染した犬の便を通じて感染します。感染力は非常に強いため、感染した場合は徹底的な消毒と隔離が必要になります。また、免疫力の低い子犬やシニア犬は命に係わる恐れもあるため注意が必要です。

 

大切なわんこを守る予防接種の必要性関連記事

 

腎臓・泌尿器系

・腎盂腎炎

 腎層の中の腎盂という部分に炎症が発生することにより、腎臓が機能不全を起こす病気です。嘔吐の他、食欲不振・発熱・尿の回数が増えるなどの症状見られます。

 

・腎不全

 腎臓機能が低下することにより、体内の老廃物の排泄がうまくできなくなる病気で、嘔吐・尿量が増える又は減る・体重減少・元気低下などの症状が見られます。また、腎不全が悪化すると、尿毒症を引き起こし命に危険を及ぼします。

 

犬の嘔吐4 | Fanimal(ファニマル)

 

嘔吐した際の対策とは

犬が嘔吐をした際は、チェックポイントを参考に冷静に判断することが必要です。例えば、目安として吐いた後元気があり食欲もあるといった場合には、基本的に様子を見ることが多いのですが、嘔吐物に血が混じる・色が黄色い・嘔吐の回数が多い・においがするといった場合は、できるだけ早く動物病院に連れて行ったほうが良いでしょう。しかし、気を付けなければならないのが、これらの症状にプラスして熱がある(耳が普段より熱い)・けいれんや下痢など嘔吐以外にも症状がある場合です。

時に命に危険を及ぼす病気の可能性もあるため、犬が嘔吐をした際は、他に症状がないかを必ず調べるようにしましょう。

 

(Visited 312 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう