座瘡(猫ニキビ)

猫の下あごに黒いつぶつぶしたものを見たことはありませんか。これは猫のニキビで、正式な病名は座瘡(ざそう)です。人間のニキビは10代にできやすいのですが、猫の場合、年齢、性別、猫種に関係なくニキビができます。

猫ニキビ | Fanimal(ファニマル)

 

猫がかかりやすい皮膚病とは関連記事

 

猫ニキビになるとどんな症状が出るの?

猫のニキビは、通常、あごの下にできますが、口の周りや唇、目の上、尻尾の付け根にもできることがあります。
ニキビの初期には猫はかゆみや痛みを感じませんので、飼い主も軽い汚れだと思って、放置してしまいがちです。初期のうちに自然に治ることはありますが、治ったと思ったら再び悪くなる傾向があります。
猫のニキビが進行すると、毛が抜けたり、出血したりすることもあります。

 

猫ニキビは何が原因でできるの?

ニキビができる原因は、健康な猫や人間の皮膚の表面に常在している細菌によるものです。
ふだんはおとなしくしている常在菌は、猫の免疫や皮膚の代謝が悪化すると、一気に増殖します。それで皮膚が炎症を起こすことにより、ニキビが発生します。猫のあごには多くの皮脂腺が集まっているので、皮脂が他の部位よりも多いです。それで圧倒的にあごにニキビができやすいのです。猫のニキビの原因はいまだにはっきりしていませんが、過剰に分泌された皮膚の脂が毛根部に詰まり、同時に汚れも溜まって皮膚の表面にいる細菌が一気に増殖すると考えられています。

 

避妊手術のあとは要注意!

また、避妊手術の後はホルモンバランスが崩れます。免疫力が低下するのでニキビができやすくなります。
外飼いの猫に多く見られるニキビダニによりニキビができることもあります。
動物病院でダニ駆除薬を処方してもらうことにより治ります。猫はデリケートな動物です。ストレスによってホルモンバランスが乱れて、ニキビができやすくなることもあります。

 

猫ニキビの治療法とは?

コットンやガーゼにぬるいお湯をつけて、ニキビができているところをゆっくり拭いてあげましょう。
黒くなったニキビが落ちにくい場合、猫用のシャンプーをお湯に少し混ぜると落としやすくなります。シャンプーが残った状態で終わってしまうと、皮膚トラブルの原因になりますので、シャンプーをしっかり落として下さい。タオルで水分を拭き取り、乾かします。ニキビが広範囲に及んでいるときは、 1回で全部ニキビを落とすのは難しいので、何回かに分けて落としていきます。

人と同じく安易に潰すのはNG

歯ブラシやピンセットでニキビを除去する方法が紹介されていますが、この方法ですと皮膚に小さい傷がついてしまうので、治りません。猫のニキビは確実な治療法はありません。ニキビを取り除いても改善が見られなかったら、動物病院に連れていきましょう。動物病院では症状に応じて、消毒液や軟膏、内服薬などを処方してくれます。人間のニキビと猫のニキビは異なります。自己判断で勝手に人間用のニキビ薬は塗らないでください。病気を早く見つける方法 関連記事

 

猫ニキビの予防法は?

猫にアレルギーがあって、餌を入れる容器にアレルギー反応を起こしてニキビになるという考え方もあります。
特にプラスチックや金属にアレルギー反応を起こす猫が少なくありません。食品アレルギーを起こしてニキビが発生することもあります。餌を入れる容器をステンレスや陶器にして、それまで食べさせていた餌を別のものにしたことによりニキビが消えたという報告もあります。食事の際にプラスチック容器を使うと、あごにバクテリアが付きやすくなります。プラスチック容器には目に見えない穴がたくさんあるので細菌が繁殖しやすいといわれています。また、食事の時にあごに餌や水などの汚れが付きやすく、それに加えてあごの部分は毛づくろいができないので、不潔になりがちです。猫のニキビの予防は、プラスチックの容器を止めて陶器やステンレス製の容器に切り替える。

 

餌選びでも予防ができる

キャットフードの成分表を見て、穀物やコーンが多く含まれていたら、タンパク含有の高い餌に切り替えましょう。ストレスが原因でニキビができている場合、ストレスの原因となっているものを取り除くようにしましょう。猫は痛みやかゆみが出てくるまで気にしないので、飼い主が初期のうちに発見することができれば、早く治ります。

 

(Visited 128 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう