人が犬に、特定の動作をしてほしいときに使う指示のことを「コマンド」といいます。 

一般的に知られているコマンドとしては、オテやオスワリ、フセなどがあげられます。これらは、犬に触れる機会のない方でも、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

多くの飼い主さんが、最初に教えようとトライされるものでもあると思います。オスワリのことを「Sit」、フセのことを「Down」など、英語で教える飼い主さんもいらっしゃいますね。

 

しつけをする前に知っておいてほしいこと
関連記事

 

英語と日本語どちらが良い?

警察犬や盲導犬などのお仕事をする犬(職業犬)は、英語のコマンドで訓練されることが多いと聞きます。その理由は、日本語にはあいまいな表現が多いから。日本語の場合、ひとつの動作をするのにも、いくつかの表現方法がありますね。 

たとえば、犬に自分の近くへ来てほしいと思ったとき。英語だと「Come」の一言で、それ以外にほぼ選択肢はありませんが、日本語の場合は、「オイデ」や「コイ」、「キテ」など、複数の言い方が存在します。

ずっと同じ飼い主と暮らしていく家庭犬とちがって、複数の人がコマンドを出す可能性のある職業犬の場合は、特に英語で教えておくべきなのです。

 

代表的なコマンド

オテやオスワリなどの基本的なもの以外にも、コマンドはたくさんあります。その種類は、大きく分けてふたつ。

まずひとつ目は、教えておくと日常生活にとても役立つものです。

 

代表的なものとしては、先にあげたフセやオスワリに加え、

マテ
コイ
ハウス
ツケ(人の横について歩く)

など。

これらは、他の人に迷惑をかけないようにするため、犬が安全に暮らしていくために、非常に大切なコマンドです。

 

ふたつ目は、“トリック(芸)”を教えるときに使うコマンド。

言いかえれば、飼い主と犬がコミュニケーションを楽しむために教えるものです。たとえば、ボールやフリスビーを投げて持ってこさせる「モッテコイ」や「ジャンプ」、「ハイタッチ」などは、覚えさせるとコミュニケーションがより楽しいものになっていきます。

 

どうしてしつけが必要なの?
関連記事

 

犬のしつけ・コマンド1 | Fanimal(ファニマル)

 

コマンドの役割・効果

コマンドは、「犬が人間社会において、多くの人に愛されながら暮らすために必要なもの」といっても過言ではないと思います。 

たとえばドッグカフェで、むやみやたらに吠えたり、せわしなく動き回ったりする犬と、「フセ」のコマンドにしたがって、飼い主さんの足元で落ち着いて待っていられる犬。どちらがより多くの人に愛されるでしょう。

 

もちろん、やんちゃな子の方がかわいらしくて好きだと思う人もいるかもしれません。だけど、犬が得意でない人もいる場所の場合は特に、飼い主としては、おとなしく待っていてほしいと思うものではないでしょうか。

また、ハイタッチなどのトリックができる犬は、そのかわいらしい姿で一躍人気者になりますね。

 

愛犬の安全を守る

愛されるか愛されないか、それだけではありません。 

コマンドを使って犬を誘導できれば、車道に飛び出して事故にあったり、人に飛びかかって怪我をさせてしまったりといった、危険な目にあう可能性も少なくなります。

安心して暮らしていくために必要なものが「コマンド」ともいえるでしょう。

 

また、狩猟犬や牧羊犬など、使役犬として働いてきた歴史をもつ犬種は特に、仕事をすることが大好きです。

飼い主のコマンドにしたがって動く。それが、犬にとっての仕事です。

一緒に楽しみながら練習を積むことで、飼い主さんと犬との絆もより一層強くなっていきます。

 

おやつを使わないしつけ
関連記事

 

コマンドの教え方>>

(Visited 166 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2