デグーってどんな生き物?

デグーの生態

デグーはチリの山岳地帯原産のげっ歯類です。体長は15cm前後の手乗りサイズで、寿命は5年~8年前後といわれています。山岳地帯に生息している生き物なので、基本的に粗食。そのため糖質の吸収をしにくくなっているので、チモシーやデグー用のペレットを与えましょう。また知能や学習能力が非常に高く、飼い主と密なコミュニケーションをとれることから近年ペットとしての人気が高まっています。

 

ペットとしての歴史

2~3年ほど前からペットショップで取り扱いが増えてきており、一般的に目にすることが多くなりました。(2017年現在)複数の個体が一緒になっているケージで、身を寄せ合い丸まって寝ている姿はとても可愛いですよね。専門書も複数出ているので、ペットとして飼いやすくなってきたといえるでしょう。

 

どんな毛色があるの?

毛色は茶色がノーマルカラーです。稀にチンチラのようなグレーやホワイトカラーをベースにしたまだら模様になっている子もいるので、お好みのカラーの子を見つけてくださいね。
 

デグー1 | Fanimal(ファニマル)

 

飼い主さんが教えるフクロモモンガの飼い方
関連記事

 

めちゃくちゃかわいい!デグーの特徴と性格

「アンデスの歌うネズミ」と呼ばれるほどおしゃべり!

デグー最大の特徴といっても過言ではないのは、とにかくよくしゃべるということ!「鳴くってことじゃないの?」と思う方もいるでしょうが、デグーが鳴くのは人や仲間とコミュニケーションを取るためです。

 

そのため寂しくなると「ピー!」と呼び、嬉しくて「ピピピピ」、仲間と遊んで「ピッピ」と本当によくしゃべります。その声はやかましい!と感じるものではなく、まるで歌っているかのような心地いいものです。

 

人間の言葉では話しませんが、彼らの言葉はしっかりと感情を伝えてくれるんですよ。

 

よく慣れる!コミュ力高めのかわいい子

知能が高いので飼い主をキチンと理解し、コミュニケーションを取ろうとしてくれます。そのため信頼関係が築きやすく、べったりとくっついて離れない「ベタ慣れ」状態になることも!

 

個体差もありますが甘えんぼうな性格の子が多いので、できるだけたくさん遊んであげてくださいね。我が家のデグーは足音もわかるのか、近づくと鳴いてアピールしてきます。

 

デグー2 | Fanimal(ファニマル)

 

どんなお世話やケアが必要?

温度管理が重要!

適温は20度前後とされています。野生下では過酷な環境で生きているので、そこまで気にしなくて大丈夫という人もいますが、10℃以下になってしまう場合にはペット用ヒーターとひよこ電球を、28度を超える場合には冷房をつけるようにしてください。

 

特に暑さに弱く室温が35度を超えると死んでしまうこともあります。人間と違い汗をかかないので、扇風機では対策にならないのでご注意を。

 

ちなみに、冬場にひよこ電球の前で暖を取っている姿は本当にかわいいので一見の価値あり!ですよ。

 

砂浴びできる環境を

デグーは砂浴びが大好きです!喜んで転がりまわる姿は本当にかわいく、砂を用意してよかった…と実感することでしょう。デグーは体臭が少ない生き物ですが、砂浴びをすることで毛艶がよくなり清潔も保てます。砂は必ずペット用のものを用意し、容器に2cmほど入れてあげると砂浴びしやすいようです。

 

回し車は必須!

活発な生き物なので、回し車を入れてあげるとストレス発散になります。疲れないの?とこちらが心配するほど、無心で回し車に乗り続けている姿を見ているとこちらもずっと眺めてしまいます。

 

デグー3 | Fanimal(ファニマル)

 

室内を走り回れるランナーボールも喜びますので、お散歩のときに使ってみてはいかがでしょうか。

 

人気のデグーを飼うために、知ってもらいたい飼い方情報

関連記事

 

飼う上での注意事項

とにかくなんでもかじっちゃう!

コードなどをかじってしまうので、感電の恐れがある電気配線などには注意してあげてください。好奇心旺盛なので見たことないものには寄っていく傾向があります。

 

危険なもの、壊れたら困るものはケージのそばに置かないこと。散歩させるときはコードなどにカバーをしておくなど対策をしておきましょう。

 

しっぽは絶対に掴まないで!

デグーのしっぽはちぎれてしまうものです。ペットショップでも他の子より、しっぽが短い子がいると思います。あれは仲間同士のケンカでちぎれるのではなく、しっぽを掴んでちぎれてしまったものです。

 

どんなことがあっても絶対にしっぽは掴まないこと。また上から鷲掴みにするのは天敵に捕獲されるような恐怖心を与え信頼関係が壊れてしまいます。デグーを捕まえるときは、下からすくい上げるようにしてくださいね。

 

デグー5 | Fanimal(ファニマル)

 

飼い主は見た!デグーのおさわがせ事件簿

食いしん坊な子にご注意!

ある日、散歩させているときにデグーの姿が見えなくなり大慌てで捜索を行ったことがありました。どこを探しても見つからず、外に出てしまったのかと青ざめていたらペレットの袋から何やら音が…

 

デグー4| Fanimal(ファニマル)

 

そう、ペレットを盗み食いしていたんです…。その場で現行犯逮捕しましたが、数度に渡りペレットやチモシーの袋に入ろうとして大変でした。直接袋から食べる醍醐味があるのでしょうか。

 

とろける~!撫でられるのが大好き!

デグーを撫でると、とろ~っと溶けるような表情をするのがたまりません!我が家のデグーは、ほっぺやお腹を撫でられるのが好きでよくおねだりしてきます♪

 

飼い主さんが教える愛すべきセキセイインコの生態
関連記事

 
 

(Visited 184 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう