〜 愛犬家に人気のInstagramで、ワンスタグラマー※1が今アツい 〜

お留守番している愛犬との「離れても、いつでも一緒。」を叶える Furbo ドッグカメラを販売するTomofun株式会社(代表取締役: 布施 健 本社:東京都目黒区)は、5月13日の[愛犬の日※2]を前に、日本国内のドッグオーナー433名を対象に、今注目の集まるSNSの犬アカウントに関する意識調査を実施しました。

 

※1 ワンスタグラマー:Instagramの犬アカウント

※2 愛犬の日:一般社団法人ジャパンケンネルクラブ(JK)が1994(平成6)年に制定しました。

 

愛犬家が憧れるSNS犬アカウントとは?ランキングトップ3を発表

ドッグオーナーが憧れる犬アカウントを調査したところ、海外でも人気が高く、Instagramのフォロワー数が260万人を超える『柴犬まる』がトップに輝きました。

 

2位には、各メディアでも注目が集まるポメラニアンの『俊介』となり、3位には仲良しマルチーズ兄妹の『おかゆとおもち』がランクインしました。

 

各アカウントは、数十万人から数百万人のフォロワー数を誇り、その他ブログなどでも、愛くるしい様子を見ることができますので、是非ご覧ください。

 

1位 柴犬まる

Instagramアカウント:marutaro

プレスリリース1 | Fanimal(ファニマル)

 

2位 俊介

Twitterアカウント:shun mama

プレスリリース2 | Fanimal(ファニマル)

 

3位 おかゆ&おもち

Instagramアカウント:okayusan20150421

プレスリリース3 | Fanimal(ファニマル)

 

愛犬家に人気のSNSはInstagram。犬用アカウントが今後ブームの兆し

SNSを利用している愛犬家は、92%という結果となり、なかでも写真・動画と相性が良いInstagramを74%の方が利用しており、SNSの中でも最多の利用率となりました。

 

また愛犬専用のSNSアカウントを所有している愛犬家は47%と、約半数が愛犬の情報発信に積極的であり、可愛い愛犬を他人に見せたい傾向が強いことが伺えました。

 

さらに、SNSで犬アカウントをフォローしている愛犬家は67%にのぼり、SNSの犬アカウントが今後増えていくことが予想される結果となりました。

 

調査主体:Tomofun株式会社
調査方法:インターネットによるアンケート回答方式
調査対象:ドッグオーナー433人
調査期間:2017年4月27日(月)~2017年5月7日(日)

 

製品概要

Furbo(ファーボ)は、iOS/Androidのスマートフォン、またはApple Watchを通じて、気軽にワンちゃんとのインタラクティブなコミュニケーションができる愛犬用ペットカメラです。

プレスリリース4 | Fanimal(ファニマル)

 

◼︎2016年3月から日・米で予約注文開始。

◼︎2016年8月から数量限定発売開始。日本では11月に通常販売を開始。

◼︎2016年度グッドデザイン賞受賞。

◼︎現在、アメリカ、日本、イギリス、カナダ、台湾、韓国にて販売中。

商品名  : Furbo ドッグカメラ

価 格  : 税込 27,000円(定価)

公式サイトhttps://shopjp.furbo.com

 

※この記事は「PR TIMES」に掲載されたプレスリリースです。

 

 

(Visited 108 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう