路上に捨てられていた盲目の子犬とその兄弟犬

 

 

2013年10月、アメリカのフィラデルフィアの路上に2匹の子犬が捨てられていました。
生後約8ヶ月のピットブルの子犬たちは満足に食べ物を食べることもできていなかったのです。

 

動物愛護団体の「オペレーション・アヴァ」がその2匹を保護したとき、兄弟犬は軽傷を負っていたとともに栄養失調におちいっており、呼吸器系にも問題が見られたそうです。

 

そればかりか兄弟のうちの1匹、ジェフリーは、右目がかすかに見える状態で左目は完全に失明していることがわかったのです。

 

 

いつでも抱き合って眠る兄弟

 

 

2匹の子犬たちは片時も離れず常に一緒に行動していました。そう、ジェフリーの兄弟であるジャーメインがジェフリーの見えない目の代わりになっていたのです。

 

ジャーメインは、ジェフリーを鼻で優しく押してジェフリーを導いてあげていました。
2匹の絆は非常に強く、施設に保護されて安全も食料も確保された環境に置かれた後でも、2匹でくっついて眠っていました。

 

「この2匹は一緒にいるべきだ」と考えた愛護団体が、抱き合って眠るジェフリーとジャーメインの写真をネットに公開した途端にソーシャルメディアで話題となり、里親の申し込みが殺到しました。

 

 

 

二度と捨てられないために

動物保護活動をしていると里親を決めるときにも様々な苦労があります。

 

一度不幸な目にあった動物たちを二度と同じ目に遭わせないためには、動物を飼育する条件を満たしていることと、なにより責任感が強い里親を確実に探さなくてはならないからです。

 

日本では悲しいことに、ボランティアがやっとのことで救い出した命を結局失わせることになったり、里親が保健所にやってしまったりすることは珍しくありません。

 

 

2匹を子供のように愛してくれる里親の元へ

 

愛護団体エヴァでもジャーメインとジェフリーを本当に幸せにしてくれる里親の選定を慎重に進めました。

 

2匹が一緒でなければならないし、ジャーメインがジェフリーを助けているとは言っても、目がほぼ見えないのですからそれなりに対処できる飼い主でなければなりません。

 

多数の応募者の中から選ばれたのは、ビクトリア・マッキーさんとジョナサン・ホックマンさん夫妻でした。

 

エヴァの責任者は

「彼らは2匹一緒に迎えられる犬を探していた。彼らは子供がおらず、ペットは子供と同じだと考えていた。」

と2人を里親として決めた理由を語っています。

 

さらに、ビクトリアさんとマッキーさんは、この子犬たちがネット上で話題だったから興味をひかれたわけでなく、そんなに有名になっていたこと自体知らなかったのです。

 

記事にははっきり語られていませんが、「話題になっている犬だからほしい!」という理由でなかったことも里親に選ばれた要因なのではと思います。

 

 

本当の家族に出会えた2匹

 

 

ずっと一緒に暮らせる家に到着した2匹は、部屋を覗いてみたり、においをかいだり、庭を走ってみたりして自分たちの家を確認したあと、ゆっくり昼寝をしたそうです。

 

きっと、ここは安全な場所だと理解できたのでしょうし、なによりも兄弟と一緒だったことで安心できたのでしょう。

 

里親さんのうちには先住猫のブラバスがいたのですが、ジェフリーとジャーメインはブラバスともすっかり仲良くなったそうです。

 

 

ジェフリーを想うジャーメインの深い愛情

 

 

ジャーメインは食事の時、ジェフリーが自分の食べ物を見つけて口にするまで食べずに待っているのだそうです。
ジャーメインの愛情は一体どこまで深いのでしょうか。

 

筆者も兄弟犬を保護した経験が何度かありますが、健康な子犬は食欲旺盛で、食べるという欲求は特に強いですから、自由にさせておくと早い者勝ちの奪い合いです。

 

幼い犬が目の前に食べ物があるのに食べずに待っていられるのは、相手の状態を理解した上での思いやりからくる行動に違いありません。
動物の愛情は時に常識を超えますね。

 

 

2匹でいればどんなところでもへっちゃら

 

 

ジェフリーはジャーメインと離れてしまうと、ジャーメインがジェフリーを見つけるまで待っています。
ジャーメインはジェフリーができないことを理解し、ジェフリーはジャーメインが自分を助けてくれることを知っているようです。

 

兄弟は現在ではすっかり健康を取り戻し、元気に暮らしています。
大きくなった今も一緒に寝ているそうですよ。

 

 

2匹の様子はFacebookで見ることができます。
元気に遊ぶ大きくなった2匹の動画もありますよ。

 

brotherly love pups

https://www.facebook.com/brotherlylovepups/

 

 

参考記事:Mail Online

 

関連カテゴリ:感動

(Visited 1,536 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

ピットブルは本当に「危険な犬」なのか?

愛犬ジュウザのびっくり事件簿 初詣で茶色いウンがつく!ー犬と好奇心を連れてゆく

柴犬VS甲斐犬、静かな戦いー甲斐犬ジュウザのびっくり事件簿

世界が注目する“読書を教える犬”

甲斐犬ジュウザ事件簿 雷が怖い!ベランダからダイブで脱走/前編