セキセイインコの病気について知る

セキセイインコは病気を隠す生き物です。

 

病気になってしまうと外敵に襲われたり、群れから外されたりしてしまうためです。

 

それゆえ、隠しきれないほど弱ってきてから初めて病気に気づく飼い主さんも多いです。気付いたときにはもう手遅れなんてこともあります。
そんな悲劇を防ぐためにも、飼い主はインコさん達の出す病気のサインに気づけるようになっておかなくてはなりません。

 

 

セキセイインコにみられる病気のサインとは?

1.生あくびや口臭が気になる

頻繁にあくびをしていたり口から嫌な臭いが出ていれば、そ嚢炎が考えられます。

 

そ嚢炎とは、食道と胃を繋ぐそ嚢で細菌などが繁殖して炎症が起こる病気です。
他にも、嘔吐や水を必要以上に飲むなどの症状もみられるので、注意深い観察が必要です。

 

原因と対策

そ嚢内は温度や湿度が高く、菌が繁殖しやすい場所となっています。
そ嚢は食べたものをふやかす機能を持っていますが、セキセイインコが人間のご飯を食べるとそ嚢内で腐ってしまいます。

 

その結果そ嚢炎を引き起こしてしまうので、放鳥する際には食べ物や食べカスなどを片付けてからにしましょう。
また、希望すれば「そ嚢液検査」を受けることができる病院もあるので、定期的な検診を受けることが最も安心で確実な予防法となります。

 

治療法

まずは獣医さんに診せて判断を仰ぎましょう。原因となる菌に合わせて抗生剤や抗真菌剤などを投与していきます。

ご飯が食べられない状態ならばビタミン供給が必要となりますので獣医さんに相談してみましょう。

 

セキセイインコの病気

 
 

2.嘔吐や下痢などの消化器官系の異常

嘔吐や下痢・未消化便・黒色の便などの糞の異常がみられる場合はAGY症(メガバクテリア症)の可能性があります。

この病気はセキセイインコに非常に多く、重症化し急死してしまうケースもあります。

 

原因と対策

真菌の一種が原因の病気で、主に保菌している親鳥や一緒に飼っているインコさんから感染します。
そのため、インコさんをお迎えしたらまずは動物病院で糞便検査をしてもらいAGYの菌がいないかチェックすることをオススメします。

 

知らずに保菌していると、直前まで元気であっても急に発症して死んでしまうこともある恐ろしい病気です。

 

治療法

AGY症であると診断されたら、投薬や注射で治療していきます。
菌が少なければすぐに治る場合もありますが、なかなか完治できないことが多いです。

 

そのため、インコさんと一緒に根気よく治療を進めていくことが大切です。

 

3.くしゃみや鼻水が出る

何度もくしゃみを繰り返して鼻水が出るようであれば、鼻炎(鼻かぜ)が疑われます。
鼻水が水っぽくすぐに治れば特に問題ありませんが、そのまま放っておくと「副鼻腔炎」に進行する恐れがあります。

 

換羽の時期はくしゃみや鼻水が出やすいので一概に風邪とは言えませんが、副鼻腔炎の場合は目の腫れや涙目といった症状も現れるのでくしゃみの他にも異常がないか注意深くチェックしましょう。

 

原因と対策

鼻炎は免疫力低下によるウイルスや細菌感染によって引き起こされます。
鼻から膿のようなものが出てきていれば細菌感染の可能性が高いです。

 

ビタミン不足を防ぐために普段から栄養のある食べ物をしっかり与えることを心がけることが大切です。
また、気温が低いと免疫力が下がってしまうので、温度管理を徹底しましょう。

 

セキセイインコさんがくしゃみや鼻水を出していたら、まずは保温して様子を見てあげます。
すぐに治らない場合や他におかしな症状がみられる場合は保温したまますぐに動物病院へ連れて行きましょう。

 

治療法

原因となるウイルスや菌によって処方される薬が変わってきますが、抗生物質などの投薬治療が基本となってきます。

 

副鼻腔炎になってしまった場合は膿などを取り出すために切開する必要が出てくることもあります。

 

セキセイインコの病気

 

4.腹部が大きくなってくる

症状が進行すると腹部が膨らんでくる病気として卵性腹膜炎が挙げられます。
これは卵が卵管の外に出てしまう病気で、ひどい場合は腹腔内に卵黄状物質が充満し、腐敗してしまいます。

 

原因と対策

排卵された卵が卵管を通らなかったり、途中で卵管が破裂することによって腹腔内に出てしまうことが原因となります。
これらを防ぐためには無駄な発情を抑え、産卵を控えるしかありません。

 

治療法

早期であれば腹腔内の開腹手術によって卵や充満物質を取り出します。
悪化した場合は抗生剤投与で充満物質が自然吸収されるのを待ちます。

 

早期発見・早期治療がカギとなってきますので、速やかに動物病院へ連れて行き獣医さんの判断を仰ぎましょう。

 

 

5.顔や足を痒がっている

頻繁に顔や足を掻いていたり、くちばしや爪などに穴の空いた白いかさぶたのようなものがみられる場合はほぼ間違いなく疥癬症です。

 

疥癬症は悪化するとくちばしや爪の組織が破壊され、変形や脱落を招いてしまうこともあります。

 

原因と対策

この病気はトリヒゼンダニという皮膚に寄生するダニの一種によって引き起こされます。
このダニは皮膚に穴を掘って寄生し、その刺激による痒みや組織破壊が病気の症状として現れます。

 

多くの場合は感染している親鳥や他の鳥からダニをもらいます。それゆえに予防が難しい病気です。

 

寄生虫によるものなので、多頭飼いしている場合は他の鳥さん達にも感染します。
そのため、疥癬症が発覚した場合は症状がなくても同居している鳥さん達も検査に連れて行くようにしましょう。

 

 

治療法

治療は薬剤塗布によって行われます。
この疥癬症は数回の治療で完治することができるため比較的治療しやすい病気ですが、変形してしまったくちばしや爪は元に戻りません。

 

また、最悪の場合は死に至ることもあり、侮れない病気です。
そのため、症状が悪化しないうちに速やかに治療してしまうことが重要です。

 

セキセイインコの病気

 

 

治療にかかる費用はどのくらい?

病院によって異なりますが、大抵の動物病院では初診料が1000円〜1500円ほどかかります。
再診であれば500円〜1000円のところが多いです。

 

糞便検査・そ嚢検査は1000円〜1500円で、治療中は毎回これらの検査を受けることになると思われます。
それに加えて、投薬治療であればお薬代(7日分)の1000円〜2000円、注射が必要であれば2000円ほどかかってきます。

 

また、場合によっては入院になってしまうこともあり、1日あたり2000円〜5000円ほど必要になってきます。
さらに、手術の費用には数万円〜数十万かかる場合もあり、愛するインコさんがいつ病院にかかってもいいようにできるだけ貯金をしておきたいところです。

 

 

飼い主ができること

普段からできる病気の予防法としては、インコさんの住環境を綺麗に保つことです。
糞の掃除から餌場・水場を衛生的にしておくことで病気の元となる菌の繁殖を防ぐことができます。

 

また、日頃の体重チェックや糞の状態チェックを欠かさずにしていれば病気の早期発見に繋がります。
体重が減ってしまったり、糞に異常が見られる場合は直ちに病院で診てもらいましょう。

 

しかし、どれだけ気をつけていても病気になってしまうことはあります。
飼っているインコさんの様子が少しでもおかしいなと思ったら、まず何よりも保温を優先しましょう。

 

セキセイインコは体温が下がると免疫力が著しく低下してしまいます。
できれば30度ほどで保温してあげるといいです。それから、できる限り早く信頼できる専門の獣医さんに診てもらいましょう。

 

そして最も大切なことは、病気と診断されてもインコさんと一緒に諦めずに治療することです。
中には何年も治療を続けなければいけない病気も存在します。

 

飼い主がインコさん達を励まして共に闘病していけば、必ずその気持ちが伝わってインコさん達も頑張ろうとしてくれます。
まずは病気のことを知り、もしもの場合にも対応できるようにしておくことが大切です。

 

セキセイインコの病気

 

(Visited 256 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

セキセイインコに多い「メガバクテリア症」って?

セキセイインコの飼い方ー飼い主は見た!犬猫生態図鑑 特別篇

雛(ヒナ)から飼おう!手乗り文鳥の育て方

Vol.1 人生を変えた動物との出会い 〜 ハイランド眞理子のアニマル❤ラブストーリー

おもしろくてかわいい動物の動画3選