はじめに

いつも元気なわんちゃんも、時には体調を崩し心配が尽きない日もありますよね。
よく見られる犬の体調不良のひとつとして「下痢」が挙げられます。

 

 

下痢は様々な原因で引き起こされる為、愛犬が下痢をした時、病院に連れて行くべきかが良いか迷われる飼い主さんも多いかと思います。
自然と治る場合もありますが、命に係わるほど重大な病気が潜んでいる場合もあります。

 

犬の「下痢」について学び、大切なわんちゃんの健康を守ってあげましょう。

 

犬の下痢の症状

食事をすると、食べ物は胃などの消化器官で消化が行われ、飲み物や食べ物の中に含まれている水分は腸で吸収されます。

 

腸は小腸と大腸から成り立ち、小腸で栄養分とある程度の水分を吸収し、大腸で残りの水分を吸収し便を形成します。
通常の便は水分が70%程で軟便は80%程、90%を超えたら下痢の状態となります。

 

下痢とは、腸に異常が生じた時に起こる症状のことで、中には元々胃腸が弱く下痢を起こしやすい体質の子もいますが、ストレスや病気など様々な原因により引き起こされます。

 

下痢は「小腸性下痢」と「大腸性下痢」に区分され、それぞれ現れる症状が特徴的です。それぞれの症状は以下の通りです。

 

小腸性下痢

小腸では、水分量を一定に保つために水分の調節が行われます。小腸に異常が発生すると、水分量のバランスを保てず、水分が多くなることで下痢を引き起こしてしまいます。

 

≪小腸性下痢でよく見られる症状≫

  • 便の状態は、ドロッとした軟便のようなものからかなり水っぽいものなど様々
  • 下痢の回数は少ないが、1回に排泄する量が多い
  • おなかがふくれる(ガスが溜まりやすい為)
  • よくおならをする
  • おなかが鳴る
  • 水をよく飲む
  • 口が臭い
  • 小腸内で出血をしている場合、黒色の下痢

 

大腸性下痢

大腸では、便として排出するために小腸から運ばれた残渣物の中に残っている水分を絶妙なバランスで吸収します。大腸に異常が発生すると、小腸性下痢と同様に水分量のバランスが保てなくなり下痢を引き起こしてしまいます。

 

≪大腸性下痢でよく見られる症状≫

  • 粘液が混じった(ゼリー・ゼラチンに覆われたような)下痢
  • 下痢の回数が多く、1回に排泄する量が少ない
  • 便を出そうとするが出ない(しぶり便)
  • 嘔吐
  • おしりをかゆがったり、気にしたりする
  • 大腸内で出血している場合、鮮血(真っ赤な血)が混じった下痢

 

 

犬の下痢の原因と対処法

下痢は様々な原因によって引き起こされます。代表的な原因と対処法をご紹介いたします。

 

1.食べ物

ご飯・おやつの食べ過ぎや、消化しにくい食べ物・水分の多い食べ物(野菜など)を食べた際に消化不良を起こし、下痢となる場合があります。

 

また、フードを変更は胃腸に負担が掛かかる為、特に子犬や胃腸の弱い体質の子は下痢を起こしやすいです。
さらに、食物アレルギーを持っている犬も下痢を起こすことがあります。

 

■対策
食べ過ぎや水分の取り過ぎは、食生活を改善する必要があります。
フードを変更する際は、時間をかけてゆっくりと切り替えることが重要で、今まで食べていたフードと切り替えたいフードを混ぜて与え、徐々に切り替えたいフードの割合を多くしていくことで変更を完了させます。
食物アレルギーの可能性がある場合は、病院で検査をすることで確認ができます。

 

2.誤飲・誤食

遊んでいたおもちゃを飲み込んでしまった場合や、犬が食べたら危険な食材・人の薬・除草剤など有害なものを食べたり舐めたりした場合に下痢を起こしてしまう場合があります。

 

■対策
小さい物や少量のティッシュ・綿などは便と一緒に排出される可能性が高い為、問題ない場合が多いですが、大きな物や尖っている物、中毒性のある食材・薬物などは緊急を要します。このようなものを誤飲・誤食した場合には、すぐに病院に連れていきましょう。

 

3.ストレス

わんちゃんをお家に迎えた時や引っ越し、旅行などの環境の変化やあまり構ってもらえない寂しさなどのストレスが溜まると、自律神経が乱れ、下痢を起こすことがあります。

 

ストレス性の下痢は、体質やストレスの度合いで一時的なものから長引いてしまうものまで様々です。

 

■対策
ストレスの原因となることを根本的に無くすことが一番良い対策法ですが、今の環境を変えることが難しい場合は、普段からスキンシップを取ることを心掛け、不安を取り除いてあげることが大切です。

 

ストレスは万病の元となりますので、なるべくストレスのかからない生活を提供してあげましょう。

 

4.冷え

お腹を冷やすことで下痢を起こすことがあります。長毛犬でもお腹には毛が生えていないので冷えやすい場所であり、冬はもちろん夏もクーラーなどの冷気でお腹を壊してしまう場合があります。

 

■対策
外からの冷えを防止するために、寝る際にクッションなどを与えたり、犬用の腹巻を付けることで対策ができます。

 

5.感染症・寄生虫症

犬パルボウイルス感染症・犬ジステンパーウイルス感染症・犬コロナウイルス感染症などの感染症や、回虫・条虫などの寄生虫症により下痢を起こすことがあります。

 

■対策
このような感染症や寄生虫症は命に係わることもある為、感染の可能性が疑われる場合は必ず病院に連れて行く必要があります。

 

感染しない為には予防が重要となり、ワクチン接種や寄生虫予防薬を塗布する(飲ませる)ことで防止できます。普通に散歩をしているだけでうつることもありますので定期的に予防することが大切です。

 

6.その他

腸炎、膵炎、腫瘍、ガンなど下痢を症状とする病気は多岐に渡ります。

 

 

下痢の原因になりやすい食べ物

食事の内容により下痢を引き起こすことがあります。犬は、本来「肉食動物」ですが、長年人と暮らしていたので「肉食に近い雑食動物」です。
そのため体の造りは肉食動物であり、穀物の消化が苦手とされています。

 

しかし、市販されているフード中には、小麦やトウモロコシといった穀物を主な原材料として使用されているものがあります。
元々胃腸の弱い体質の犬はこのようなフードを食べることで下痢を起こしてしまうことがあります。

 

また、アレルギー体質の犬もアレルギーの原因となる食材(穀物や牛肉、鶏肉など)を食べることで下痢を起こしてしまうことがあります。
フードを購入する際には原材料を確認したり、病院で販売されているフードを与えたりなど、下痢の原因となる食材が含まれていないフードを選択する必要があります。

 

また、人にとっては健康的な食材でも犬が口にしたら下痢を含む様々な症状を引き起こしてしまう食材があります。うっかり食べさせてしまうことがないように気を付けなければなりません。主な食材は以下の通りです。

 

●ネギ類(ネギ、タマネギ、ニラ等)
赤血球を破壊する成分が含まれています。この成分は過熱しても壊れない為、ネギ類が含まれているスープなどにも注意が必要です。
主な症状:溶血性貧血、嘔吐、下痢、血尿、喘息発作など

 

●チョコレート・カカオ類
心臓血管や中枢神経に作用する物質が含まれています。
主な症状:嘔吐、下痢、興奮、痙攣など

 

●ぶどう・レーズン
まだ原因物は不明ですが、犬が食べると中毒を起こしてしまいます。
主な症状:下痢、嘔吐、食欲不振、急性腎不全など

 

上記の食材は、犬に与えてはいけない代表的な食材ですが、この他にも一度に与える量によっては危険を伴うな食材も存在します。
このような食材を知っておくことは事故防止に繋がります。

 

 

病院に連れいった方がいい場合

下痢は、一過性のもので自然と治る場合もあります。まずは、わんちゃんの元気を確認しましょう。症状が軽度でいつもと変わらないくらい元気な場合、多くのケースは1~2日ほどで回復します。
元気がない・ぐったりしている場合は、病院での治療が必要となります。病院に連れて行くべき犬の状態・下痢の状態は以下の通りです。

 

≪犬の状態≫

・強い腹痛がある:緊急性が高い
→胃腸炎、膵炎、異物の誤飲・誤食などが疑われます。
*お腹を触ると嫌がる、動きたがらない、祈りのポーズ(前足を伸ばして腰を上げている)などの様子は腹痛のサインとなります。

 

・嘔吐を伴う:緊急性が高い
→胃腸炎、膵炎、異物の誤飲・誤食などの胃腸の異常や子宮蓄膿症、腎不全などの全身疾患が疑われます

 

・子犬の下痢:緊急性が高い
→子犬(生後3ヶ月くらいまで)は、免疫力が弱く、軽度な胃腸炎でも命に係わるほど、重症となる場合があります。

 

・食欲がない
→食欲がない場合は、何かしら体に異常が起こっている状態です。検査により原因を突き止める必要があります。

 

・3日以上、下痢が続く
→元気があったとしても病院に連れて行きましょう。

 

≪下痢の状態≫

・ケチャップのような下痢:緊急性が高い
→犬パルボウイルス感染症が疑われます。

 

・黒色の下痢
→小腸で出血している可能性があります。

 

・白色の下痢
→胆のうの病気が疑われます。

 

・オレンジ(黄色)の下痢
→黄疸が現れている可能性があります。肝臓の病気が疑われます。

 

・鮮血(赤い血)が混じっている下痢
→大腸で出血している可能性があります。

 

・粘液が混じった(ゼリー・ゼラチンに覆われたような)下痢
→大腸性下痢の疑いがあります。

 

・水のような下痢
→腸内の水分調節のバランスが崩れている可能性があります。

 

上記のような症状が見られた場合には、以下の事項に注意して動物病院に連れて行きましょう。

 

☆できれば、なるべく新鮮な下痢便(嘔吐があった場合は嘔吐物)を持参する。
☆下痢・嘔吐の回数を記録しておく。
☆異物を飲み込んだ場合、異物のかけらや飲み込んだものと同じものがあれば持参する。
☆その他、気付いたことがあれば些細なことでも必ず獣医師に報告する。

 

※パルボウイルス感染症が疑われる場合(ケチャップのような下痢)、非常に感染力の強い感染症ですので、必ず電話をしてから連れて行きましょう。

 

 

まとめ

便は「健康のバロメーター」とも言われるほど、健康の状態を示してくれる重要なものです。
通常の便の状態を知っておくことで、わんちゃんの体に異常が起こった時に早期に気付くことができます。

 

下痢は犬では起こりやすい症状ですが、状態によっては緊急性があるものもありますので、異常を見極められるように普段から便の観察をするクセを付けましょう!

 
 

(Visited 465 times, 3 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

犬は夏は痩せにくい、自律神経に合わせた夏の過ごし方~犬とハーブで幸せ暮らしVol5 ~

ご飯で愛犬のおなかケア!フードに酵素をトッピングして便秘・下痢を改善

甲斐犬ジュウザのびっくり事件簿 豚骨を丸ごと1本食べたら、切れ痔

“食べ物の力”で治す食事療法~犬も人も、健康はご飯から~

犬の嘔吐から考えられる病気と対策-ワンだろう?事典