たくさんの動物LOVEな皆さん、こんにちは!

Fanimalライターの☆ぴよん☆です。

 

暑い夏。

動物園に行ったら、

やっぱり、このコたちの、「この姿」ですよね!

 

行くぞー!

 

ザッパーーン!!

 

ホッキョクグマの迫力あるダイブは

ほんの少しの間、涼しい風を運んでくれます。

 

もちろん野生に暮らすホッキョクグマも・・・

 

飛び込むんですね。

 

さてこちらは、動物園のプールの様子。

飼育員さんが、おやつのリンゴを入れたボールを

プールに浮かべてくれています。

 

ボールを手で支えていますね。

 

意外と知られていませんが

ホッキョクグマってとても手が器用なんです。

 

大切に握りしめているおやつは、ニンジンかな?

 

目を細めて、美味しそうに食べています。

 

上からのショットだと

その大きさや足元がわかりにくいので・・・

 

横から見ると、こんな感じです。

しっかり後ろ脚で踏ん張る姿、とても大きいですね。

 

私がこどもの頃、初めて近くで見た野生動物は

ホッキョクグマでした。

 

毎年、全国の動物園で開催されている

「こどもの飼育体験教室」に参加したのです。

 

オリ越しに、至近距離で観察していた

ホンモノのホッキョクグマが立ち上がった時、

腰が抜けそうになりました。

迫力のある大きな身体と、

爪の鋭さ、手の大きさ。そして荒い息遣い。

 

それまで「かわいいクマさん」のイメージだったのに

一気に吹っ飛び「すごい・・・、こわい・・・」。

背中には冷や汗が流れていました。

 

最近では、ガラス越しに大接近するホッキョクグマを

観察できる動物園も多くなりました。

ぜひ、一度ご覧になって、その大きさを体感してくださいね。

 

さて今日の本題です。

 

ホッキョクグマは「白熊」じゃないってどういうことでしょう?

 

そのまんまです。

 

「白いクマ」ではないのです。

 

実は、「白く『見える』クマ」だったのです!

 

 

ホッキョクグマの毛の秘密

 

 

「なんで?どこから見ても、白色のクマじゃないの?」

 

確かにお尻も、足の裏の毛も、白です。

 

体表をアップで見ても、やっぱり白。

 

けれど、この毛は1本1本を見てみると白い色ではありません。

実は、ストローのように「透明な管」をしているのです。

 

そこに光が当たると、その加減で白っぽく見えるため

全身が白いクマに見えるわけなのです。

 

それにしても、どうしてホッキョクグマの毛は

ストローのような構造をしているのでしょうか?

 

それは彼らが住んでいる地域と深い関係があります。

 

ストロー状になっている毛の、その空洞部分には

空気が含まれています。

 

太陽が振り注ぐと、そこの空気が暖かくなり

毛そのものが熱を含み、強力な防寒コートを着たようなイメージになります。

 

そうすることで身体を北極の寒さから守り、

また反対に、体温が外へ逃げるのを防いでくれるのです。

 

 

実はワンちゃんの白い毛も…

ちなみにワンちゃんの場合も、白く見える毛は中心部に空気を含み空洞になっているものがあります。

これは「メデュラ」と呼ばれていて、ホッキョクグマに比べると細い空洞です。

 

ただ、ロングコート系ワンちゃんの毛は特別で、メデュラは太い傾向にあります。

そのためホッキョクグマのように保温性が高く、空気の含有量が多いので浮力も高くなり、

泳ぎもうまくなると言われているんです。

思わぬ共通点ですね。

 

 

いかがでしたか?

 

動物の身体のつくり(形態)って、本当によく工夫されていますよね。

 

 

ここでみなさんにお伝えしたいのは

このホッキョクグマが、絶滅の危機にあることです。

 

生息地である北極部の水温が温暖化のために上昇し、

彼らの生活になくてはならない氷河が、どんどん溶けて無くなっています。

 

生活の場を失った彼らは今、

減少から絶滅への一途をたどっているのです。

 

動物園は、

絶滅の危機にある動物たちの、遺伝子のシェルターとして

その役割を問われる時代になっています。

 

次回は、動物園での保護と繁殖についてお話したいと思います。

 

今日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

(Visited 105 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

いつ腰フリフリする?犬のマウンティングー甲斐犬ジュウザのびっくり事件簿

【犬の抜け毛対策】被毛のお手入れをマスターしてツヤツヤにしてあげよう!

動物園でみつけよう!イヌとオオカミの共通点~元動物園飼育員による「動物園の楽しみ方」~ 第6回

「タラレバ」にならない老犬介護/犬の老いじたく③食事編

愛犬ジュウザのびっくり事件簿 堺正章の隠し芸を披露!?ー犬と好奇心を連れてゆく