今回は感動的な猫の動画を3つ紹介します。

テーマは「守る」です。

 

いたって自由奔放なイメージのある猫ですが、親子の愛情、そして人間に向ける愛情にも並々ならぬものがあります。ニャンコの心温まる感動シーンの数々、どうぞご覧ください。

 

 

 

勇敢な母猫

動画が始まるとまず犬が登場。ん?これはニャンコの動画では??と思ってしまいそうですが、その数秒後に急展開が。歩道にうずくまる子猫をいじめ始める犬。そこへ母猫が猛烈な勢いでダッシュして来て…!

最後、きまり悪そうな犬の後ろ姿に母猫の勇敢さが際立ちます。

 

体の小さい猫にとって、爪は鋭い歯と並んで数少ない身を守る武器。母猫であれば美しさと勇敢さの象徴とも言える部分ですね。とは言え、障子や襖をガリガリして爪を研ぐのはご遠慮願いたいものですが。中盤からはほのぼのとしたシーンもあって、思わずクスッとさせてくれます。

 

 

出典:「猫感動」子猫を必死で守る母猫・動物でも母性本能がすごい

 

 

子猫が崖の下に! そのときママ猫は

猫の平均寿命は4~5歳くらい。親離れは概ね生後3~6カ月と言われています。愛情を注がれる期間が長くてもわずか半年、人間の年齢では12歳くらいまでなのは少し可愛そうな気がしますが、その間は無償の、そして純粋な母の愛を受け取ることができるのかもしれませんね。

 

この動画は、手前にいる撮影者の方が、対岸の土地が崩れた部分に落ちてしまった子猫と、子猫を救うママ猫を撮影したものです。ママ猫が子猫を助けようと思案する様子や、場所を選んでジャンプするところなど、ママ猫の賢さが伝わってきます。

 

出典:猫ママ、子猫を救う

 

 

猫と赤ちゃんの心の交流

赤ちゃんと楽しそうに戯れる猫たち。涙腺が崩壊するような感動とは異なりますが、猫たちが親としての愛情を一心に傾けていることが感じられて、気持ちがほんわかしてくる動画です。

2:55から登場するニャンコの「赤ちゃん大好き!」という仕草、たまらなくかわいいです♡

 

それにしてもこのニャンコの体の大きさ。赤ちゃんの近くにいるととても大きく見えます。

生後6カ月の日本人の赤ちゃんは身長60~75cmほど。大人の猫は体長50cmくらい。立った状態で比較できないこともあって、相対的に猫が大きく見えるようです。小さな命を守りたいと思うのは人も猫も同じなんですね。

 

出典:人間の赤ちゃんを自分の子供のように思っている猫たち・必死に赤ちゃんを守る猫たち

 

 

まとめ

猫たちが人間の赤ちゃんにこれほど興味を示すとは、少し意外に感じられた方も多いのではないでしょうか。

気ままな印象とは裏腹に、ときに身を投げだして子猫を守る姿にはただただ感心です。「愛」をもう一度確認させてくれる感動の動画集。

次回もお楽しみに。

 

 

(Visited 48 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

二本足の子猫キャシディ | 飼い主の愛で幸せをつかむ

【思わず泣けてしまう】感動の犬の動画3選 | 閉ざされた心が開く瞬間

かけがえのないパートナー・感動的な犬の動画3選

“こののら猫と出会えたのは、きっと運命……” 猫と人が織りなす感動の物語

「にゃんこがわが家にやってくる!」待ちに待ったその日にやっておくこと