はじめまして、獣医師の阪口貴彦です。

自分で飼っている犬や猫に新しい発見や笑いを提供してもらいながら、日々病気の動物たちの診療をしております。

今回Fanimalさんとご縁がございまして、一緒に楽しく暮らしているワンちゃん、ネコちゃんの病気についてコラムを担当させていただくことになりました。よろしくお願い致します。

 

動物を飼っている人たちの頭を悩ませている課題

・病気を早期に発見するにはどうしたらいいのか?
・話す事が出来ない動物達の訴えを感じ取るにはどうしたらいいのか?
という事があげられます。

fanimal_052

解決する一番の近道は?

この課題を少しでも解決するにはどうしたらいいのでしょうか?
私も犬1匹・猫5匹・ハムスター2匹と生活をともにしていますが、日々観察していると小さな変化や訴えが見えて来ます。

やはり毎日の動物達とのコミュニケーションの中で観察する力を身につける事がこの課題の解決への近道ではないかと思う様になりました。

どこを見れば良いか?

では具体的には何を観察したら良いのでしょうか?
飼い主さんの
1.眼で見た変化
2.耳・鼻で感じる変化
3.手で触れて感じる変化
4.動物の行動で感じる変化
に注目し、【この子の病気は私がみつける!】と題して飼い主さんに観察のポイントをお伝え出来ればと思います。

 

スマホは観察に最適のツールです

また、皆さんにぜひ活用して頂きたい物があります。それは、スマートフォンやデジカメです。

飼育している動物の写真を撮る機会が増えたため、診察のときに家での状態を見せていただくケースも増加しています。

体の変化は急激なものだけとは限りません。そんな変化を感じ取るために便利なのがスマートフォンやデジカメなのです。

診察を進めていく上で重要な手がかりになることもありますので、普段から定期的に写真や動画を撮っておくこと、何か変だなと思う時だけでなく撮影しておくことをオススメします。

この子の病気は私が見つける!Vol.1 | MAYUMI MORI | Fanimal(ファニマル)
イラスト:Mayumi Mori

関連記事

愛犬が吐いた!どうすればいい?

ペットのストレスについて

しつけの前に知っておいてほしい事

犬の老い支度って何すればいい?

犬の予防接種で防げる病気

(Visited 538 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう