陽気で頑固な性格の持ち主!
本に載ってないフレンチ・ブルドッグの生態

犬界きってのファニーフェイス、フレンチ・ブルドッグ。とぼけた表情とブヒブヒ鼻を鳴らしながら歩く姿の愛くるしさと言ったら堪りません!
 
漠然と犬との生活を夢見ていたところ突然の出会いから成犬フレンチ・ブルドッグ(当時推定6才)の里親となりました。
 
ともに暮らし2年半の筆者が知っている「実録!本には載ってないフレンチ・ブルドッグの生態」をお届けします。

 

犬種図鑑 フレンチブルドッグ | Fanimal(ファニマル)

 

フレンチ・ブルドッグの外観と特徴

フレンチ・ブルドッグは闘犬として英雄となったブルドッグの祖先犬たちの特色を継承しています。
 
低重心の体型や幅の広い胴体、発達した骨格と筋肉、極めて鼻が短い小型犬です。また、たるんだ柔軟性のある皮膚も特徴です。
 
コウモリが羽を広げたような耳で、バット・イアと呼ばれています。尾は生まれつき短く、他犬の様に振り方で感情を読み取ることは困難です。
 
毛色は大きく分けて4種類(ブリンドル・パイド・クリーム・フォーン)に分かれます。短く柔らかく光沢があります。

 

フレンチ・ブルドッグの歴史

19世紀のイギリスでは、ブルドッグが相当な人気を博していました。
 
その中に非常に小さな体で、体重が約11kg以下のブルドッグがいました。
 
19世紀の半ばフランスに持ち込まれると女性たちの間で評判になりパリで大流行することになります。
 
その後アメリカへ渡り、1898年にはフレンチ・ブルドッグだけのドッグショーが開催されるまでになりました。
 
以来、多くの愛犬家から支持を受けています。日本には大正時代に紹介され、昭和初期には多くの家で飼われるようになりました。

 

フレンチ・ブルドッグの気質

性格は陽気で非常に利口ですが、ブルドッグの頑固な一面も持ち合わせています。
 
好奇心旺盛でやんちゃな性格の上、愛想も良いので誰とでも仲良く出来ます。 基本的には人懐っこく表情豊かな甘えん坊です。

 

【フレンチ・ブルドッグの生活とケア】

フレンチ・ブルドッグは、とても遊び好きですが運動は最低限で大丈夫です。
 
暑さにはかなり弱く、体温調節が困難です。夏場は首の周りに保冷剤を付けるなどして体温調節をしてあげましょう。
 
運動のし過ぎや興奮状態が続くと酸欠になる事もあります。運動させる時はよく様子を見てあげて下さい。
 
とは言え、食欲旺盛の為、肥満になりやすい傾向もあります。ぽっちゃりとした姿も魅力がありますが足腰への負担にもなります。
 
食事の管理に加え、日々の運動も必須です。ワンちゃんにとってベストな運動量を探しましょう。
 
被毛はブラッシングなど最小限のケアで結構です。短毛ですが季節の変わり目の抜け毛は意外な量。絨毯が毛だらけに!なんてこともあるので気になる時はこまめにブラッシングを。
 
また顔のしわの間に汚れが溜まりやすいので常にきれいに拭いてあげるようにしましょう。
 
尻尾の根元のしわの部分も同様に拭くのを忘れずに。何らかのアレルギーにより皮膚疾患が多い犬種でもあります。清潔に保ってあげて下さい。

 

フレンチ・ブルドッグの注意したい病気

股関節形成不全、鼻腔狹窄、口蓋裂、膝蓋骨脱臼、眼瞼内反症、角膜損傷、尾椎の皮膚炎、チェリーアイ、変形性脊椎症

 

うちのフレンチ・ブルドッグ
〜成犬フレンチ・ブルドッグの里親になってみて〜

我が家のフレンチ・ブルドッグ・むぎ(女の子・8才)は保護シェルターからやって来ました。
 
繁殖用に飼われ、ケージの中から殆ど出た事がなく散歩もしたことがありませんでした。
 
皮膚疾患から被毛が抜けており汚れと臭いもひどい状態で今とは比べ物にならない痩せ細った犬でした。
 
劣悪な環境からやってきた彼女は疑心暗鬼になっていないか、なかなか心を開いてくれないのではと心配もありましたが、来て早々リビングで息子と添い寝をするマイペースさ。
 
フレンチ・ブルドッグの穏やかでおおらかな性格に驚きました。どんな事柄でも受け入れる懐の大きさも特徴の一つです。

家族との関係

子供と成犬の共同生活について心配もありましたがフレンチ・ブルドッグの子供好きは想像以上でした。
 
兄弟のように戯れ合い、子供の泣き声がすれば心配そうについて回ります。母のような姉のような存在です。
 
子供にとって犬とは特別好きな訳でもなく、もちろん苦手なわけでもなく、愛玩犬として可愛がることもなく家族の一人として認識しているようです。
 
先日「むぎのことをどう思う?」と聞いたら「普通」と答えられました。なるほど…と普通の意味の深さを考えてしまいました。
 

フレンチブルドッグと線路 | Fanimal(ファニマル)

 

感情表現

尻尾が短いため、ぶんぶん機嫌良く振る様子は見られません。
 
嬉しさが爆発したときは、ほふく前進!体は全く前進しませんが、前脚をパタパタ、目をキラキラさせ嬉しさを体全体で表現します。
 
またアイコンタクトも得意。散歩している時、隣の私をチラッチラッと確認することがあります。
 
快調に歩いている時に多く見られるので「一緒に歩くの楽しいね〜」と言わんばかりの顔だなぁーと感じてしまいます。

 

甘え上手

とにかく甘えん坊!!体のどこかを人とくっつけていたい、抱っこも大好き、寒い季節は腕枕で就寝といつまでたっても赤ちゃんのよう。
 
ベッドやリビングに家族が集まっていると真ん中に体を捻り込む主張の強さ。自分のポジションを確立させる為に一生懸命です。
 
そんな時フグフグブヒブヒ鼻を鳴らしますが、その様子はまるで話しかけているようで上手に相づちも打ってくれます。
 
時折、犬の姿をした人間に思えてくるのはそのせいかもしれません。
 

フレンチブルドッグと子供 | Fanimal(ファニマル)

 

無防備すぎる寝姿

天気の良い日、日向を求めて移動し、まるで牛のように横たわって昼寝をするその姿は見ている方も眠くなる素晴らしい寝姿。
 
ぎゃー、また目を開けたまま寝ている…!ひー、ベロしまい忘れてカッピカピになっている…!イビキと鼻息の大きさが尋常じゃない!と突っ込みどころ満載。
 
こんなに無防備で動物としていいのかと疑問に思うほどのくつろぎ方をします。でも彼女の過去の環境を思えば本当に引き取って良かったと実感します。

 

おやつ!おやつ!おやつ!!!

フレンチ・ブルドッグは食欲旺盛。例外なく我が家のむぎも食いしん坊!!でも体重が増えやすい年頃でもあるのでおやつは最低限にしたい所存です。
 
トイレトレーニングからの名残でおしっこが成功するとご褒美におやつをあげる習慣があり、本当は出ないのに絞り出し、おやつを必死にもらおうとします。
 
平日は家を空けているため休日は熱心にトイレを行ったり来たり。「出来たよ〜!!!おやつ〜!!!」と全速力で駆け寄ってくるのでムツゴロウさん張りに褒めてあげます。
 
おやつは極力小さめにちぎりちぎり。人も犬も中年になれば痩せるのは大変ですからね!

 

フレンチブルドッグ | Fanimal(ファニマル)

 

他のワンちゃんとの関係

猪突猛進な彼女は気になるとグイグイ攻めてしまう為、ビックリされてしまうことも多々ありますが威嚇して吠えることはありません。
 
大型犬に相手にされなくても飛び跳ねてアピール。でも全く目線に届かず笑ってしまいます。

 

注意している事

一度、股関節が脱臼したようで脚をかばいながら歩いた時がありました。病院につく頃には自然に治っていましたが、それからは脚が滑る事のないように更に注意するようになりました。
 
興奮すると激しくジャンプをしたり突進して来るのはなかなか止めてくれません…。
 

フレンチブルドッグのあくび | Fanimal(ファニマル)

 
多くの方が言うようにフレンチ・ブルドッグはとても飼いやすい犬種です。
 
一緒に暮らして楽しい家族、相棒になることは確かです。
 
こうして改めて考えてみると愛おしさが増します。不満があるとテーブルの脚をガリガリ噛むのも当てつけのようにカーペットの上におしっこをしてしまうのも全て許せるような気がしてきます!これからもお互いを思いやれる関係でいれますように。

 

関連カテゴリ:犬種図鑑

(Visited 544 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

フレンチブルドッグのムギちゃんと行く ツマコのお出かけ日記 ~お台場編~

夏の夜の東京タワーで避暑さんぽ | フレンチブルドッグのムギちゃんと行く ツマコのお出かけ日記

「タラレバ」にならない老犬介護/犬の老いじたく③食事編

愛犬ジュウザのびっくり事件簿 まさかの誤飲!ホッチキスの針っておいしいの?-犬と好奇心を連れてゆく

甲斐犬ジュウザのびっくり事件簿 サロンから脱走後、選挙へ/前編ー犬と好奇心を連れてゆく