頭は賢くて性格は従順!?本に載ってないトイプードルの生態

わんちゃんの中でも人気のトイプードル。
 
愛くるしいそのルックスと活発で賢い特長から、飼っている方も多いのではないでしょうか。
 
我が家のスプーくんは、私の妻が一目ぼれして、生後3か月で我が家にやってきました。当時はぬいぐるみのようにかわいい子犬ちゃんでしたが、そんなスプーくんも9歳をすぎ、最近はめっきりおとなしくなりました。
 
スプーくんと過ごした9年を通して見えてきたトイプードルの愛らしい一面をご紹介いたします。

 

【トイプードルの概要と歴史】

トイプードルは、愛くるしいそのルックスからとても人気のある犬種です。
 
毛色の種類も豊富で、ジャパンケンネルクラブが公認している毛色だけでも、ホワイト、ブラック、ブラウン、グレー、オレンジ(アプリコット)、レッド、ベージュ、ブルー、カフェ・オレ、シャンパン、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュの13種類(すべて単色)もあり、2色以上の毛色が混じった「パーティーカラー」も含めるとその種類は数え切れません。
 
またトイプードルは、その体形に応じて3つの種類に区分することができます。一つ目は足が長くて胴が短い「ハイオンタイプ」のトイプードルです。
 
スレンダーなスタイルが特徴で、見た目にも美しく、華奢でかわいらしい印象を与えることからとても人気のあるタイプです。
 
二つ目は足が短く胴が長い「ドワーフタイプ」のトイプードルです。足が短く愛くるしい印象がうけ、近年人気が高まってきています。
 
ちなみに、我が家のスプーくんもこのタイプ。うちの子は特に胴が長く、洋服を選ぶときにはいつもダックス用の服を選んでいます。
 
最後が、足の長さと胴の長さのバランスが取れた「スクエアタイプ」のトイプードルです。
 
全体的にバランスのよい体形で、トイプードルを選ぶときにはこのタイプを基準に、自分の好みに合った子を見つけるとよいでしょう。
 
プードルの歴史は諸説あります。古くからヨーロッパ諸国で飼われていたことがわかっており、フランスで特に高い人気を博していたことから、フランスを原産とするのが一般的といわれています。
 
当初は水辺での狩りを得意とする狩猟犬として飼われていました。
 
しかしその特徴的な毛並みから、16世紀ごろを境に愛玩犬としての人気が高まるとともに小型化が進み、18世紀の終わりごろには現在のようなトイプードルに発展してきたと考えられています。

 

【トイプードルの性格と特徴】

プードルの特徴は何といってもその賢さ。ボーダーコリーに次ぐ賢いわんちゃんといわれており、しつけがしやすく非常に飼いやすいのもプードルが人気の犬種である理由です。
 
性格もとても従順で、飼い主のいうことをよく聞きわけます。
 
我が家のスプーくんは、私が家にいるときには常に私に付き従い、いつも私の傍らにいることから、家族に「金魚のフン」と揶揄されています。
 
トイプードルつぶらな瞳 | Fanimal(ファニマル)
 
賢くて従順というとおとなしい印象を受けると思いますが、プードルはとても活発で活動的なわんちゃんです。
 
ドッグランなどに連れて行くと元気にはしゃぎまわります。
 
我が家のスプーくんも、若いころは旅行に出かけると元気いっぱいに走り回り、なかなか帰ろうとしませんでした。
 
トイプードルとドライブ | Fanimal(ファニマル)
 
カナダの心理学者、スタンレー・コレン氏の研究によると、わんちゃんは2歳児くらいの知能を持ち、165個の言葉を理解すると考えられています。
 
特に知能が高いといわれているトイプードルは、「本当に言葉を理解しているのでは?」と思う瞬間がたくさんあります。
 
我が家のスプーくんも人の話をよく聞いていて、一家団欒のときなどには家族の輪の中に入ってちょこんとお座り。
 
会話に加わっているように、話をしている人に目線を移していきます。

 
次のページ>>

いま1/2ページ目を読んでいます 次のページへ
(Visited 129 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

MAMORIO
MAMORIO