ぬいぐるみみたいに小さくて可愛い犬種!本に載ってないチワワの生態

ぬいぐるみみたいに可愛くて小さなチワワ。マンションでも一緒に暮らしやすいこともあり、たくさんのおウチで迎え入れられています。
 
かく言うピピ子も、スムースチワワのちび丸をネット上で見つけて一目惚れし、我が家に迎え入れてから早10年。親バカなピピ子が、時に反面教師的に、チワワとの接し方やチワワについてお教えします。
 

チワワ | 犬種図鑑 | Fanimal(ファニマル)

 

チワワの概要と歴史
~スムースコートとロングコート~

チワワの原産地については諸説あります。メキシコに11世紀頃建てられたトルテカ族のピラミッドの石に、「テチチ」と呼ばれる大きな耳の小さいわんちゃんが刻まれ、他にもマヤ遺跡からチワワに似た小さなわんちゃん像や骨が見つかっていることから、メキシコ原産説が有力とされています。
 
メキシコのチワワ州の土着犬をアメリカに初めて持ち込んだ人が、「チワワ」と名付けました。
 
メキシコ原産のチャイニーズ・クレステッド・ドッグを掛け合わせて、アップルヘッドのスムースコートチワワの原型を産みだしました。
 
その後、スムースコートにパピヨンやポメラニアンを掛け合わせて生まれたのがロングコートチワワです。
 
しっかりした毛で短毛のスムースに対し、ロングコートはふわふわとした長毛です。毛色は、マール以外の全種類が認められています。
 

チワワ | 犬種図鑑 | Fanimal(ファニマル)

 

チワワの特徴と性格
~しっかりしつけをすれば従順な子に~

「アップルドーム」と呼ばれるりんごのようなまあるい形の頭、大きな目と耳と短いマズル(顔から出っ張っている、鼻と口の周りの部分)を持つ、世界で一番小さい愛らしい犬です。
 
臆病な子が多く、大きな音にブルブル震えて怯えたり、逆に警戒心から吠えたりすることが多い傾向です。骨格は華奢ですが、実は筋肉質。俊敏で活発に動き回るのも特徴です。
 
一緒に暮らす家族には忠誠心を持ち、自分が甘えたい時だけ甘えん坊になります。
 
ほかのわんちゃんや人間にフレンドリーかどうかは、個体差が大きいです。ロングコートの方が社交的な印象ですが、性格にもよるようです。頭がよく、しっかりしつけをすれば従順な子になります。
 
一方「こうすればお願いを聞いてくれるな」という知恵もまわるので、リーダーシップをとられないようにしましょう。

 

ちび丸の怖がり列伝

我が家のスムースチワワ「ちび丸」はかなりの“ビビリ”です。
 
雷が鳴っているときと、ピピ子が人間の息子に雷を落とすときは、ピュ~っと家のすみっこに駆け込んで小さく丸まって震えています。
 
風の強い日の散歩は、飛んでくる枯れ葉に飛びすさり、はためく広告旗はお化けにでも見えるのか側を通れません。ゴミの日はゴミ袋が怖くて、いつもマーキングする電柱にも近寄れません。
 
わんちゃんには子犬でももれなく吠えますし、ねこちゃんにカラス、鳩、雀にまでガウガウ。「お腹を見せて降伏しちゃえば?」とピピ子は思うわけですが、それは絶対にしたくないそうです。
 
ものすごく大きなわんちゃんが「大丈夫よん」とゴローンとお腹を見せてくれても、「信じないぞ!負けないぞ!」と吠え続けています。
 
これは飼い主のしつけの問題と思い悩み、3歳くらいまではドッグランやドッグカフェに通っていました。
 
「社交家」を目指してがんばってみたのですが、結果として、これはもうこういう「性格」なんだなあと思い、その後はあまり無理をさせないようにしています。
 
「リードに黄色いリボンをつけたわんちゃんに会ったら、近寄らずにそっとしてあげて下さいね」という趣旨の『イエロードッグプロジェクト』を2年程前に知り、我が家も黄色いリボンをリードにつけ始めました。
 
ご存知ない方がまだ多いと感じていますが、ご理解をいただけたらとても嬉しく思います。
 

チワワ | 犬種図鑑 | Fanimal(ファニマル)

 

チワワの日ごろの世話とケア

基本的にスムースもロングもヘアカットは必要ありません。必要に応じてヒゲや足裏、肛門のまわりの毛、ロングコートの下毛をカットしましょう。
 
スムースは毛玉ができることはありませんが、毛は意外と抜けます。血行促進のためにも、まめにラバーブラシで優しくブラッシングしてあげたいですね。
 
ロングコートは毛がもつれないようにコームなどを使って、より頻繁にブラッシングしてあげるとよいです。体臭はあまりありません。シャンプーは月に1~2回で充分です。
 
その際、肛門腺を絞るのをセットで行います。大きな目にはゴミやホコリも入りやすく、涙も多くて涙やけになりやすいので、毎日そっと拭いてあげてください。
 
散歩はあまり長くても負担が大きいので、一日20分程で大丈夫です。風や雨の日はおうちの中でたくさん遊んであげて、走り回らせてあげれば充分といえます。
 

チワワ | 犬種図鑑 | Fanimal(ファニマル)

 

チワワを飼う上での注意事項

人間がわんちゃんに怪我をさせないように意識する

華奢な骨格なので、怪我に細心の注意が必要です。家の中で飼い主が歩きだすときは、足元にわんちゃんがいないことを確かめてからにしましょう。
 
チワワは素早く移動して足音もほとんどさせないので、うっかり踏みそうになって、ヒヤリとしたことが何度もあります。お子さんがいる家庭では、お子さんの動向にも注意を払う必要があります。

 

転倒や関節に負担をかけない環境を整える

骨折や膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニアにならないよう、家の中の高低差をなくします。ソファや階段も避けるのが無難。
 
フローリングには、カーペットやコルクマットを敷くなどして滑り止めにしてください。

 

頭部に衝撃を与えない

遺伝的に頭蓋骨頂部に「泉門」という穴が開いたままの子が多く、何の支障もなくすごせる場合と、脳脊髄液が泉門に溜まり、脳神経を圧迫する水頭症に発展する場合があります。
 
チワワの水頭症発症率は、ほかの犬種より高いです。また、後天的にも頭部挫傷によって発症しますので、頭部に衝撃を与えないよう注意が必要です。
 
おもちゃをくわえて振り回していると、頭を家具などに打ち付けることがあるので、わんちゃんがぶつかりそうな所にクッション材を貼り付けておきましょう。

 

室温は25℃前後が過ごしやすい

体温調整が苦手なチワワは、暑がりであり寒がりでもあります。ゴハンの量を夏の暑さに備えて初夏からは少なめに、寒さに備えて秋頃から多めにします。
 
熱中症にもなりやすいので、夏のお留守番にはクーラーはつけたまま出かけてください。冬はペットヒーターが必須です。スムースは特に寒がりですので、お洋服を着せてあげるとよいでしょう。

 

気管虚脱

気管が変形することで呼吸困難や咳を起こします。チワワがなりやすい疾患ですので、お散歩が上手にできるようになったらカラーはやめて、ハーネスにした方が気管を圧迫しないのでおすすめです。
 
太ることで脂肪が気管を圧迫して発症することもありますので、肥満にも注意します。

 

心臓病

高齢チワワに多い病気に、僧帽弁閉鎖不全症があります。原因は不明ですが、心臓の僧帽弁がうまく閉まらなくなる病気ですので、心臓に負担をかけないようにやはり肥満は気をつけた方がいいでしょう。
 
シニアになったら定期的に検診を受け、心雑音がしないか、咳をしていないかチェックしてもらいましょう。

 

消化不良

食べムラが多く、お腹も壊しやすい傾向です。ちび丸がお腹を壊す度に真っ青になって病院に連れていくピピ子ですが、「自ら2日程絶食して胃腸を休めて回復させようとしているから、ゴハンを食べなくても元気があれば大丈夫。」と、かかりつけのお医者さんには言われています。
 
べない上に元気がない、ぐったりしているなど、ほかの症状があればお医者様に相談しましょう。

 

低血糖

特にパピーが起こしやすいのが、低血糖です。血液中の糖分濃度が低くなると、脳の働きに支障が出て痙攣を起こしたりします。
 
空腹の時間が長くならないように、少ない量の食事でも回数を増やすことが肝心です。胃腸不良のときもですが、水にはちみつを溶かして飲ませてあげると予防になります。
 
成犬になっても、基本的には12時間以上食事の間隔をあけないようにしてください。また成犬は、ホルモンバランスやインシュリン分泌の不調により低血糖を起こすこともあります。

 

チワワ | 犬種図鑑 | Fanimal(ファニマル)

 

チワワと暮らしてみてわかるあるあるネタ

ちび丸の寒がり列伝

ちび丸はとっても寒がり。冬はヒーターを入れたハウスの中でブランケットを巻きつけて引きこもってしまい、なかなか顔を見られなくなります。
 
たまに出てきても、ブランケットを被ったまま部屋の中をパトロールしてまた戻っていきます。まるで低空飛行のゴーストです。
 
そんなに寒いのなら、と張り切って洋服を買って着せてあげると、げんなりした顔でずっとフリーズしたまま。服は嫌いだそうです。
 
結局、ブランケットお化けに逆戻りしました。ファンヒーターを使っていたときは、吹き出し口に密着して陣取っていたので、やけど防止にペットフェンスを購入。
 
格子に鼻を突っ込んで「出してくれ~」と言っている囚人みたいになりました。いやいや、実際に塀の中にいるのはヒーターの方だから。
 
引っ越してファンヒーターを使わなくなり、空気清浄機を置いた所、真ん前に陣取ってしばらく寝ていました。いやいや、温風出ないし。集塵機能も効かなくなっちゃって困りますから。
 
暖房費がもったいないなあ……と思いつつ、エアコンを強めて室温を25℃位にすると、ちび丸がようやくトコトコ出てきて、チョイチョイ前足で「膝に乗せてよ」と催促。
 
チュニックを着ていたのですが、「中に入れて」と裾をチョイチョイ。結局、ちび丸の姿が見えなくなっちゃいますが、まあ、かわいいからいっか、とまんざらでもないピピ子なのでした。

 
チワワ | 犬種図鑑 | Fanimal(ファニマル)

 
関連カテゴリ:犬種図鑑
 

(Visited 842 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

男犬同士はぐくんだ友情 | 愛犬ジュウザのびっくり事件簿ー犬と好奇心を連れてゆく

甲斐犬ジュウザ事件簿 困ったイタズラ・印鑑を盗んだのは誰?

甲斐犬ジュウザのびっくり事件簿 豚骨を丸ごと1本食べたら、切れ痔

音楽関係の仕事をしていた私が甲斐犬を迎えたわけ

愛犬ジュウザのびっくり事件簿 サロンから脱走後、選挙へ/後編ー犬と好奇心を連れてゆく