毛質の種類によって性格タイプが変わる!?
本に載ってないミニチュアダックスフンドの生態

短い足と長い胴がトレードマークのミニチュアダックスフンド。ちょこちょこと歩くかわいらしい姿に、思わず笑みがこぼれます。「こんなかわいい子と一緒に暮らせたらどんなに楽しいだろう……」と、ミニチュアダックスフンドを家族に迎えるのが、私の小さい頃からの憧れでもありました。大人になってからその夢が叶い、一緒に暮らすことになり早18年。我が家の梅太郎は、人間にすると100歳近い長老です。今回は飼い主から見た「ミニチュアダックスフンドの実態」について書いてみました!

dog1

【ミニチュアダックスフンドの概要と歴史】

ミニチュアダックスフンドは、その愛らしいルックスから老若男女に人気が高いわんちゃんです。ドイツ出身で、ドイツ語で「ダックス」はアナグマ、「フンド」は犬を指します。名前のとおり、アナグマを狩るための猟犬とされていました。スタンダードなダックスフンドが、さらに小さな獲物を捕らえられるように小型化されたのが、ミニチュアダックスの始まりです。筋肉質ですばしっこいため、現在でもドイツでは猟犬として活躍しています。

dog2

通常のダックスフンドの標準体重は9kgほどですが、ミニチュアダックスフンドは3.5~5kgほど、大きくても7~8kg程度です。
ミニチュアダックスは、ほかの犬種と比べて色のバリエーションが豊かです。単色は「レッド」、赤みがかかったイエローの「レディッシュ・イエロー」、黄みが強い「イエロー(クリーム)」の3種。そのほか「ブラック&タン」「ブラウン&イエロー」など2色のバイカラーや、「ダップル」「ブリンドル」などの混色の子もいます。

また、色だけではなく毛質によっても違いが見られます。毛が硬く短毛の「スムース・ヘアード」、スムースとは反対に毛が柔らかく、長めの体毛に少しウェーブがかかった「ロング・ヘアード」、カールした毛質で、眉毛とアゴの部分が特に長めの「ワイアー・ヘアード」の3種類に分類されます。昔はスムースコートとロングコートが一般的でしたが、その後ワイヤーヘアーが登場しました。

dog3

【ミニチュアダックスフンドの特徴と性格】

ミニチュアダックスの大きな特徴は、胴長短足のフォルムです。胴が体高の2倍もあり、短い足でちょこちょこと歩く姿はとってもチャーミングです。

dog4

一般的に、活発で好奇心が強く陽気な性格なことから「犬世界の楽天家」とも呼ばれています。ミニチュアダックスの毛質の違いは、それぞれ交配された犬種によるものです。このことから、毛質によって性格のタイプも異なるといわれています。
スムースヘアーは元来のダックスの流れをくみ、遊び好きの元気っ子で警戒心が強いです。3タイプの中で一番抜け毛が少ないので、抜け毛が気になる方はこのタイプが向いています。スパニエル系を先祖に持つロングヘアーは、スムースとは逆におとなしく温厚です。ワイヤーヘアーはテリア系の特徴を持ち、活発な子が多く気が強い傾向があります。

dog5

我が家の梅太郎はロングヘアーで、性格もおっとりとしています。一般的にダックスフンドは明るく動き回る子が多いですが、比較的おとなしく、子犬の頃から一日の半分は寝てすごしています。しかし、いざ自分が得をすると確信するや否や、見たことがないほどの機敏さで行動します。彼は楽をするための努力は惜しみません。これも楽天家ゆえなのでしょうかね。

dog8

また、古くから人間と共に狩りをしていたミニチュアダックスは、生まれつき人懐っこく言葉もよく理解してくれる良きパートナーです。鋭い観察眼を持ち、空気を読む能力にも長けています。

梅太郎は持ち前の楽天家気質をフル活用し、周りがどんなに慌てようが騒ごうがあまり気にしていません。大地震のときですらグースカ寝ていました。何事にも我関せずなマイペースですが、表に出さないだけで周りの空気や私の表情をしっかり読み取ってくれているのです。

たとえば私が具合を悪くして寝込んでいると、必ずどこかからやってきてピッタリと寄り添い、患部を温めてくれます。普段はクールですが、いつもと違う細やかな変化を敏感に察知し、いつも忠実に見守ってくれる優しい王子様です。

ミニチュアダックスとお散歩 | Fanimal(ファニマル)

次のページ>>

いま1/2ページ目を読んでいます 次のページへ
(Visited 170 times, 2 visits today)

1 2

MAMORIO
MAMORIO