温厚で辛抱強い性格の大型犬代表!?
本に載ってないゴールデン・レトリバーの生態

ゴールデン・レトリバー1 | Fanimal(ファニマル)

大型犬種の代表格、温厚で辛抱強く人が大好き!飼うというよりは一緒に暮らす。家族の大事なパートナー、それがゴールデン・レトリバーです。

小さい頃からワンちゃんと暮らしてきましたが、室内で飼うのは初めてでした。

大きくなり過ぎて近所のおばあちゃんが飼えなくなり、里親として生後8カ月の子(名前:グリス 性別:オス)を我が家が引き受けたわけですが、躾のしの字もわからず…

家族であたふたしながらも、大きな子供を育てるような幸せな毎日でした。

それからの長いようで短かった13年間を振り返りつつ、筆者(Fanimalメンバーのえのもっちゃん)が知っている「実録!本には載ってないゴールデン・レトリバーの生態」をお届けします。

ゴールデン・レトリバー2 | Fanimal(ファニマル)

 

ゴールデン・レトリバーの外観と特徴

ゴールデンレトリバーは本来狩猟犬として作られました。

黄金色の美しい毛並みが特徴的です。その被毛は密集しており撥水効果抜群です。

重い獲物を加えて運ぶことができるように筋骨はたくましく、幅が広く強い頭部と丈夫な首、発達した前肢と後肢を持った頼りがいのある犬種です。

鼻は黒または茶よりの黒色、耳は頬に沿って垂れていて、アーモンド型の目をしています。

個体によっては明るいクリーム色から暗い赤金色までゴールデンといっても多彩な毛色を持ちます。

 

ゴールデン・レトリバーの歴史

鳥狩猟の時に仕留めた獲物を回収する役目をしてくれる犬への関心が高まりました。

その役目を果たすために冷たい水を苦にせず泳ぎが得意で従順で忍耐強い品種をと19世紀の中頃、スコットランドのダッドリー・マーシュバンクス伯爵が交配により作り出したのが起源です。

その後小型のニューファンドランドと初期のラブラドールを祖先としてツィードスパニエル、セッター、ブラッドハウンドなどと順調に交配させて作り出されました。

その後、優れた能力と温厚で飼い主に寄りそう気質から人気を集めることとなり全世界で飼われる人気犬種となりました。

ゴールデン・レトリバー3 | Fanimal(ファニマル)

 

ゴールデン・レトリバーの性格

空気を読む性格で飼い主のことを常に注視しています。飼い主が泣いていれば寄り添い、遊ぶときは大いにはしゃぐやんちゃな面も。

家族と一緒にいることを望み、孤独を嫌います。忍耐力があり、滅多に怒ることはないです。

子供がいる家庭にもおすすめな犬種ですが、体を動かすのが大好きなため相応の運動が必要です。

叱るといじけ易いのでどんどん褒めて育ててください。

家族やその知人とそれ以外をしっかり見極め吠えるので番犬としても適正を発揮します。

 

【ゴールデン・レトリバーの生活とケア】

美しい被毛は毛玉ができやすいので毎日のブラッシングが必要です。特に春と秋は毛が入れ替わるのでたくさんの毛が抜け落ちます。

衛生面も考えてしっかりと手入れしてあげてください。寒さに強い犬種ですが暑さには弱いです。夏場は室内で温度を25度程度に保つように配慮が必要です。

また、股関節が弱い犬種と言われますので室内で飼われる際には床を滑らない素材にしてあげると、関節の負担を軽減できます。

身体が大きく力も強いのでしつけが重要になります。忍耐力が強く細やかな気配りができるのでしつけはしやすいですが、遊び好きでやんちゃな面もあるのでメリハリが大事になります。

なにより、人が大好きな犬種なので仲間として家族として友好的に接してあげてください。

 

ゴールデン・レトリバーの注意したい病気

たれ耳のため、汚れが溜まりやすく耳のトラブルに陥りがちです。

外耳炎や細菌感染などにならないように週一回程度は掃除をして耳に異常がないかチェックしてあげてください。

股関節形成不全は主に遺伝的な原因で起こりやすいと言われています。

普段から歩き方や座り方に注意して違和感があった場合は早めに検査してもらうことが大切です。

原因は解明されていませんが悪性リンパ腫もゴールデン・レトリバーに多い病気です。

定期的な健康診断で早期発見し治療を行うこと、体のチェックをして気になる腫れがあれば検査してもらうようにしましょう。

次のページ>>

いま1/2ページ目を読んでいます 次のページへ
(Visited 2,973 times, 2 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2

MAMORIO
MAMORIO