人の健康を考える仕事から、ペットの健康を考える仕事へと舵を切ったFanimal 谷田大輔会長が、「犬と人とのコミュニケーション」をテーマに活躍中のドッグトレーナー・三井翔平氏へ、犬と人とが築くべき関係性から、触れ合うことで起こる変化まで様々な角度からペットに対する考えを伺った。
犬がもたらす健康効果とは?正しい犬のしつけ方とは?

少女と犬 | Fanimal(ファニマル)

飼い主が賢くなることで、殺処分される犬問題も軽減できる

 -ペット業界に来て一番気になったのが、殺処分される犬のことです。結構多いものですから。ゼロにするために、もっと犬を生かせないかと思うのですが難しいでしょうか。

最近は特に、殺処分ゼロが謳われていますよね。ただ、ゼロはもちろん目指すべき数字ではあるのですが、そのために何がなんでもというのは、僕は違和感があるかなと思いまして。本当に必要なのは出口ではなく、蛇口を閉めることだと思うんですね。捨てるということを未然に防がないと変わらないかな、と。

-蛇口というのは、生まれるところじゃなくて?

捨てられないように、ということですね。売れるから養殖させているという問題もあるので、繁殖の部分ももちろん問題だとは思いますけれど、トレーナーの立場として僕ができることは捨てられないように、ということですね。安易に家庭に向かい入れいざ飼ったらこんなはずではなかったと捨てられてしまう犬もいます。
また、理想的な繁殖現場や母子分離の時期など、どういう過程を経てに家に迎えるべきなのかを知るなして消費者が賢くなれば、劣悪な環境で育った犬を迎えようとは思わないですよね。先ほどお話したように「かわいいうちに売りたいから早い時期に母子を引き離してしまえ」というような業者も中にはいますが、母子分離が将来的な性格に影響を与えてしまうということを消費者が知っていれば、そういう業者から犬を迎えようとは思わないはず。
そうすれば、必然的に悪徳な業者も減ってくると思うので、消費者が犬に関する知識を備えるということが大事かなと思います。そのための正しい知識を普及する啓蒙活動もトレーナーとしてやっていかなければと考えています。

 

犬を迎えることで明るい雰囲気に

 -先日、小学校で子供と犬を触れさせる活動をされている方にお話を伺ったのですが、生徒の中にずっと犬に触らない子がいたんです。それが、ある時手を出したんですね。みんなもその子は触らないと思っていたので、驚くと共にパッと場の雰囲気が和やかになりました。犬が子供へもたらす効果というのはすごいなと、改めて感じました。

ただでさえ現代の子は自然との触れ合いが希薄になりがちなので、いいことですよね。僕も学校に犬を連れて行くことがあるのですが、やはり今まで犬を触ったことがないという子が増えてきています。命と触れ合うとか、言葉が通じない相手とコミュニケーションを図るといった、相手の気持ちに立って考える機会を得るのに最適な生き物なのかなと思います。

-高齢者に向けたご提案などはありますか?

飼うのはいいことだと思います。散歩に行けて運動になりますし、生理学的にもペットを飼っていると血圧が下がるという結果も出ています。老人ホームに犬を連れて行ったことがありますが、小型犬なら膝に乗せることもできますし、昔飼っていたことを思い出して涙を流された方もいました。ただし、もし亡くなってしまった後に誰が引き継ぐかということも考えた上で飼うようにしなければいけません。

-改めて、動物がいることで得られる健康というのは、内側からもたらされるものが大きいと感じますね。

そうですね。何より、犬と人とが触れ合うことで会話が増え、笑顔が増えます。そういうことが、結果的に健康に結びついているのかなと思います。

フレンチブルドッグを撫でる女性 | Fanimal(ファニマル)

「犬がいることで人が心から健康に」これはFanimalのテーマでもあります。

【三井翔平】ドッグトレーナー、学術博士

麻布大学大学院獣医学研究科博士後期課程にて犬と人のコミュニケーションにおける内分泌について研究を行い博士号を取得。
その後ドッグリゾートワフ専属チーフドッグトレーナーを務め「ザ!鉄腕!DASH!!」をはじめとしたTV番組にも出演。犬のしつけ要素をゲームに組み込んだK9ゲーム®のジャッジも担当していた。
現在はスタディ・ドッグ・スクールのスタッフとして活動を拡大しながら、飼い主指導や後進の育成を行っている。
2016年には世界的なドッグトレーナーの資格である CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer – Knowledge Assessed)を取得。
Fanimalでは連載コラム「犬と人とー共に生きる」で犬と人が社会で真に共生していくために必要な意識とコミュニケーション方法を提案している。

(Visited 55 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう