王妃に愛された高貴な佇まいと溢れる知性。本に載ってないパピヨンの生態

才能と美しさを兼ね備え、ヨーロッパの貴婦人を虜にしたパピヨン。
本当にそうなのでしょうか?
パピヨンと生活を共にして10年。本当のところはどうなのか「実録!本には載ってないパピヨンの生態」で、お確かめください。

【パピヨンの歴史】
〜フランス語で「蝶」の意味を持つパピヨンの由来〜

パピヨンの祖先は、スペイン原産のトイ・スパニエルとされています。
初期のパピヨンは、垂れ耳が一般的でリスのように尻尾が巻いていることから、スカーレル(リス)・ドッグ、スカーレル・スパニエルと呼ばれていました。
現在のような耳が立ったタイプのパピヨンは、18世紀末頃から選択的に配合されて増えていき、19世紀頃になると、立ち耳であるスピッツと配合して蝶のような大きな立ち耳を持つようになり、チワワと配合してサイズは小さくなり、現在のパピヨンに近い洗練された姿になりました。この頃からようやく「パピヨン」と呼ばれ始めました。
パピヨンは「ファーレン」と「パピヨン」の2種類に分類されています。
「パピヨン」は、フランス語で「蝶」の意味で、先端に飾り毛のある直立した大きな耳が羽を開いたように見える事に由来しています。
一方ファーレンは、垂れ耳が特徴で「蛾」の意味を持ちます。ファーレンはネズミを追いかける習性があり、その技術は猫に勝るとも言われています。
パピヨンの人気は、スペインの宮廷から始まり徐々にヨーロッパ全体へ広がりました。16世紀にはフランス国内に入り、王侯貴族から寵愛を受けた犬種です。
王妃マリー・アントワネットが愛した犬として知られており、彼女が処刑台に上がる直前まで、パピヨンが一緒にいたとも伝えられています。

 

【パピヨンの特徴と性格】

絹のような長毛で手足が細く、耳と尾には長い飾り毛があり、優美で気品あふれる姿のパピヨン。優美さだけではなく、ブリティッシュコロンビア大学で神経心理学研究を行っている教授、スタンリー・コレン氏が出版した「犬の知性(The Intelligence of Dogs)」での知能指数〈IQランキング〉(出典後述)によると、全小型犬の中で最も頭が良い犬種という結果が出たそうです。
美しさも聡明さも持ち合わせたパピヨンの性格は、好奇心旺盛で活発、そして友好的。
さらには、家族がストレスを溜めると、そのストレスを引き受けてしまう程の愛情深さも持っています。
こんなパーフェクト!?なパピヨンが苦手なのがひとりにされてしまうこと「お留守番」です。
寂しさでストレスを溜めないように一緒に居る時には、たくさんコミュニケーションをとりましょう。

 

【パピヨンのかかりやすい病気】

400年以上かけてゆっくりと小型化してきたため、小型犬としては遺伝病が少ない犬種といわれています。
気を付けたい病気としてパピヨン独特というよりは、膝蓋骨脱臼・緑内障や結膜炎などの目の病気・水頭症など、小型犬全般がかかりやすい病気があげられます。
また、活発なパピヨンなので、病気以上にケガ・骨折に十分注意する必要があります。
日頃からたっぷり運動して、いつまでも元気でいられるように、しっかりした身体を作ってあげましょう。

 

【パピヨンのお手入れ】

毛のもつれを防ぐためにも、毎日のブラッシングは大切です。これを怠ると、耳の後ろに毛玉が出来てしまいます。
そして、パピヨンに限ったことではありませんが、様々な病気予防の為にも、お口のケアは大切です。

 

【パピヨンに適した室内環境】

どちらかといえば、寒さに強く暑さに弱い犬種でしたが、改良された為、被毛が少なくなり寒さに弱くなっていますので、1年を通して温度管理には十分気を付けてください。
エアコン・除湿器・加湿器を使い、人間が快適と感じることが出来る温度に保ちましょう。
また、大気汚染・PM2.5・花粉・ハウスダストなどの影響を抑えるためにも、空気清浄機は必要です。
活発なパピヨンをケガから守るために、床にカーペットや滑り止めマット・コルクマットなど、滑り止めになり、走っても衝撃を吸収してくれるものを敷くようにしましょう。耳には優美さを表している蝶のような飾り毛はなく、尻尾もフワフワしていませんが…
かわいい「パピヨン」ここにいます。

〜チワワと間違われるウチのパピヨン〜

ももじろう(男の子・10歳)は今まで1度もパピヨンと呼ばれたことがありません。
ジャックラッセル・テリア?チワワ?と、よく間違われます。そうそう「猫」に間違われたこともありました。そんな、ももじろうと私のお話です。

次のページ>>

いま1/2ページ目を読んでいます 次のページへ
(Visited 279 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2