スコティッシュフォールド0 | Fanimal(ファニマル)

まんまるい顔とつぶらな瞳、そしてペタンと垂れた耳が特徴!
本に載ってないスコティッシュフォールドの生態

まんまるい顔とつぶらな瞳、そしてペタンと垂れた耳が特徴のスコティッシュフォールド。我が家にはマンチカンとスコティッシュフォールド、二匹の猫がいるのですが、スコティッシュフォールドのつくし(メス)は名前を呼ぶと「ニャァ」とかわいらしい声をあげて膝の上にちょこんと座ります。この人懐っこさはたまりません!動物図鑑には絶対に載ってない、飼い主だから伝えられること全てをお話しします。

スコティッシュフォールド1 | Fanimal(ファニマル)

【スコティッシュフォールドの概要と歴史】
〜ルーツは子猫のスージー?〜

1961年、スコットランドの農家に飼われていた猫が産んだ「スージー」という子猫がスコティッシュフォールドのご先祖様です。「スージー」は突然変異で生まれながらに耳が折れ曲がっていたそうです。ちなみに名前にある「フォールド」とは「折れ曲がる」という意味です。その後、ブリティッシュショートヘアと交配されて現在のような品種になりました。

スコティッシュフォールド2 | Fanimal(ファニマル)

【スコティッシュフォールドの全てが垂れ耳ではない】

特徴的な折れ曲がった耳に目がいきがちですが、実はスコティッシュフォールドで折れ曲がった耳を持って生まれる確率は30%程度と言われています。中学生の理科で習ったと 思いますが、折れた耳は劣性遺伝なのです。そのため、生まれてくる子猫の70%は普通の猫と同様に耳が立っています。
では、折れた耳同士の交配をすればいいじゃん!と思うかもしれませんが、折れ耳同士の交配は、体の弱い子が生まれやすくなるため禁忌とされています。そのせいもあって折れ曲がった耳を持つスコティッシュフォールドは立ち耳のスコよりも希少価値、人気ともに高く、価格は高くなります。
ちなみに我が家のスコティッシュフォールドも立ち耳です。折れ耳は健康上の心配もあったので、最初から立ち耳の子を探していました。

スコティッシュフォールド3 | Fanimal(ファニマル)

【長毛が生まれるのはもっと珍しい】

スコティッシュフォールドは時折ロングヘアのタイプが生まれることがあります。これは、「スージー」にロングヘアの遺伝子があったためだと言われています。垂れ耳が生まれる可能性が30%なので、ロングヘアとなるとさらに希少性が高くなり人気も跳ね上がります。スコティッシュフォールドの毛質は弾力があるため、ふっくらとゴージャスな見た目になります。

スコティッシュフォールド4 | Fanimal(ファニマル)

【スコティッシュフォールドの特徴と性格】
〜ぷっくりしたほっぺの丸い顔〜

スコティッシュフォールドは顔が丸く、ほっぺはぷっくりとしています。体型は筋肉質、体毛は密生しているので寒さにも強いのが特徴です。一般的に性格はおとなしく、友好的で飼いやすい猫と言われています。かかりやすい病気は関節疾患、爪形成不全といった関節の病気です。あのかわいらしい折れた耳も「骨の形成異常の一つ」と言われています。また、折れた耳には汚れが溜まりやすく、蒸れやすいため外耳炎にもなりやすく注意が必要です。

スコティッシュフォールド5 | Fanimal(ファニマル)

我が家のスコティッシュフォールドは‥>>

いま1/2ページ目を読んでいます 次のページへ
(Visited 410 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 2