しっぽの形に歴史あり!?本に載ってないコーギーの生態

イギリス・ウェールズ地方には、コーギーが妖精の馬車を引いていたという伝説があり、コーギーの肩に残る白い毛は、妖精がのっていた証と言われています。“飼い主さんの笑顔がペットの幸せ”と思い、そのサポートが出来れば嬉しいと、高齢犬・猫の訪問介護・介護相談をお仕事にされている方のお宅へFanimalライター万澄が取材に行って来ました。

ぽてぽて体型にぷりぷりお尻。コーギースマイル!の魅力をご覧ください。

コーギー1 | Fanimal(ファニマル)

【コーギーの歴史】

ウェルシュ・コーギーは、ペンブロークとカーディガンの2種類に分類されており、犬種名はそれぞれウェールズ地方の地名に由来しています。同じウェールズ出身で外見もよく似ている事から同犬種として扱われてきましたが、先祖犬も歴史も異なる為、1934年別犬種として分類されました。

<ウェルシュ・コーギー・ペンブローク>

原産国:イギリス・ウェールズのペンブロークシャー地方
CM出演により人気が高まった日本でお馴染みの犬種です。
正確な発祥は分かっていませんが、1107年頃、ベルギー北部に住んでいたフラマン人が、ウェールズのペンブロークシャー地方に移住してきた際、一緒に連れてきたという説が有力です。しっぽは短く、耳の先端が尖っていて、がっしりとした体つきをしています。
しっぽは生まれつき無い場合もありますが、牧畜犬であった為、家畜にしっぽを踏まれてケガをしないように、生まれてすぐ断尾される習慣がありました。本来は長くふさふさのしっぽがありますが、耳もしっぽも毛の色もキツネと似ていることから、間違えないように断尾するという説もあります。
しかし、現在いくつかの国では、断尾を禁止する法律が施行されています。

古くからイギリス王室や上流階級との関りが深く、エリザベス女王が「ロイヤル・ドッグ」として現在も可愛がっています。

<ウェルシュ・コーギー・カーディガン>

原産国:イギリス・ウェールズのカーディガンシャー地方
3000年以上の歴史を持つ古い犬種で、紀元前1200年頃、中央ヨーロッパよりウェールズのカーディガンシャー地方に移住してきたケルト民族によって連れてこられた犬が始まりと言われています。しっぽは断尾する習慣がない為、長くふさふさしており、耳は大きく丸みを帯びています。体の大きさの割に足が短いので、頭が大きく見えてしまいます。胴は長めで、体長がウェールズの1ヤードに相当していたことから「ヤード・ロング・ドッグ」と呼ばれていたこともありました。

【コーギーの特徴・性格】

両犬種共に、古くから牧畜犬として、家畜を外敵から守り牧草地へ誘導する仕事を任されていました。足が短く背が低い身体は、牛の蹴りをかわし素早く動くのに適しており、また、噛み癖があると言われているのは、牛が群れから離れそうになると踵に噛み付き群れに戻していた行動が受け継がれていると思われます。明るくて陽気・賢くてイタズラ好き・人間が大好き!
甘えん坊のペンブロークと比べて、カーディガンは落ち着いたしっかり者です。
ただし好奇心旺盛で動くものに反応するので、車やバイクに突進することもあります。お出かけの際には注意が必要です。

【コーギーがかかりやすい病気】

椎間板ヘルニア 〜運動と食事制限で予防〜

ジャンプ着地時の衝撃が背骨や首、腰に負担をかける事になるので、高い所な段差には注意が必要です。また、肥満により骨に負担がかかる事も原因の一つなので、食事管理と適した運動量で太らせないようにしましょう。

変性性脊髄症 〜初期症状に要注意〜

原因は不明な点が多く、はっきりとした解明はされていません。個体によっては10歳前後から発症する場合があります。腰がフラフラして、足がもつれてしまうなどの異変に気付いたら、早めに受診しましょう。

【コーギーと生活するうえで気を付けたいこと】

食べ物に対する執着は強く、食欲旺盛で太りやすい体質です。その為、飼い主による食事の調節と運動が必要です。
寒い地方原産の犬種なので、高温多湿の日本の夏は苦手です。冷房や除湿で快適な温度を保ってあげましょう。また、夏場お散歩に出かける際には、地面と身体の距離が近いため照り返しに十分な注意が必要です。
もともと抜け毛が多いコーギーですが、毛が生え替わる春と秋には相当量の毛が抜けるので、念入りにブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげましょう。娘2人・ウェルシュ・コーギー2頭・Mix犬(保護犬)2頭の大所帯!
楽しく賑やかな毎日です。

コーギー2 | Fanimal(ファニマル)

うちの「コーギー」リクとテン>>

いま1/2ページ目を読んでいます 次のページへ
(Visited 44 times, 1 visits today)

1 2