犬には感染すると治療法のない病気や、重症化し死に至る病気もあります。その感染症の原因はどこにあると思いますか?例えば、散歩中に出会うお友達わんちゃんとのじゃれあい、拾われず放置されている糞やおしっこなど、実はとても身近な場所に潜んでいるのです。普通に生活しているだけで感染してしまう可能性は十分にあります。

予防接種を打つということは、大切なわんちゃんの健康を守ることに繋がります。予防接種で予防できる病気・効果を学び知識を身につけましょう!

犬の予防接種1 | Fanimal(ファニマル)

【1.狂犬病ワクチンとは?】

狂犬病とは発症するとほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。犬だけでなく人を含む哺乳類すべてに感染します。現在、日本に狂犬病はありませんが、韓国や中国などすぐ隣の国では猛威をふるっています。いつ日本に入ってきてもおかしくはありません。

今の狂犬病のない日本を保つために、生後91日以上の犬は狂犬病ワクチンを毎年1回接種することが法律で義務付けられています。飼い主として必ず義務は果たしましょう。

【2.混合ワクチンとは?種類・予防できる病気を学びましょう】

混合ワクチンを打つメリットは大きく2つあります。1つは感染症予防です。もう1つはトリミングサロンやペットホテル、ドッグランなどわんちゃんが集まる所ではワクチンを打った証明書の提示が必要となる場合もあります。わんちゃんと色々な所へ行き、楽しむためにも接種することは欠かせません!

犬の予防接種で予防できる感染症は9種類あり、混合ワクチンは2種~9種ワクチンと幅広くあります。

種類が多いとそれだけ費用もかさみ、犬の体への負担も大きくなります。その子に合ったワクチンを選択することが重要となります。一番の決め手は生活環境です。室内飼い?外飼い?散歩はする?しない?また、山や川が近くにあるなど住んでいる地域も関係してきます。かかりつけの獣医師に生活環境を細かく伝え、相談し選択することをオススメします。

◆2種:①② ◆3種:①④⑤ ◆4種:①④~⑥ ◆5種:①②④~⑥ ◆6種:①~⑥

◆7種:①②④~⑦ ◆8種:①~⑦⑨ ◆9種:①~⑨

  • 犬ジステンパー(食欲不振、発熱、くしゃみ、鼻水、嘔吐、下痢など)
  • 犬パルボウイルス感染症(嘔吐、血が混じった下痢、脱水など)
  • 犬コロナウイルス感染症(成犬は無症状、子犬では嘔吐、水下痢など)
  • 犬伝染性肝炎(発熱、食欲不振、下痢、嘔吐、腹痛、肝臓障害など)
  • 犬アデノウイルス2型感染症(乾いたような短い咳、鼻水、肺炎など)
  • 犬パラインフルエンザウイルス感染症(気管支炎、発熱、扁桃腺が赤く腫れるなど)
  • 犬レプトスピラ症 カニコーラ(発熱、歯肉からの出血、尿毒症など)
  • 犬レプトスピラ症 ヘブドマディス(発熱、食欲不振、腎炎、肝炎など)
  • 犬レプトスピラ症 コペンハーゲニー(黄疸、血色素尿、下痢、嘔吐、口内炎など)

【3.ワクチン接種プログラムをたてましょう】

ワクチン接種プログラムとは、何種のワクチンをどの時期に接種するか計画をたてることです。

病院により多少異なりますが一般的には、
1回目:生後7~8週齢
2回目:1回目から3週間後
3回目以降:1年ごとに接種
となります。

通常、赤ちゃんがお母さんのおっぱいを飲むことによってもらう免疫(母子免疫)が切れた頃に1回目のワクチンを接種します。

一定期間をあけて接種する理由は、最初のワクチンにより体が抗体(体に入った悪いものをやっつけようとする免疫)を作った記憶が残ります。そこに2回目、3回目と段階的にワクチン接種をすることで前回よりも強く大量の抗体を作ることができるからです。

また最近は1年ごとではなく3年ごとの接種でいいという考え方も推奨されるようになりました。新しい考え方ですので各病院によって異なるかと思います。

【4.予防接種前後の注意すること!】

予防接種は健康でなければ打つことができません。当日は、元気・食欲があるか、吐いたり下痢をしていないかなどわんちゃんの様子を良く観察しましょう。接種後は、副作用の可能性も考えられますので十分にわんちゃんを観察することが大切です。なるべく安静にし、激しい運動はさせないようにします。散歩に行かなければならない場合は、短時間、短距離でゆっくり歩かせてあげましょう。

3日間は様子をよく見て、元気・食欲がないなどの状態が続くようでしたら、すぐに病院に連れて行ってあげてください。

予防接種を受けること自体がストレスになります。接種後1週間は、トリミングや旅行などといったストレスのかかる行為は避けましょう。

【大切な家族を守る、私たちの使命です!】

予防接種により命に係わる恐ろしい病気から守ることができます。縁あって巡り合えた大切な家族、いつまでも元気でいてほしいものです。その子の健康は私たち飼い主の手にかかっています!しっかりと知識を身につけ守ってあげましょう。

※予防接種プログラムは獣医師さんの方針によっても異なります。検討する際には必ずかかりつけの獣医師さんにご相談ください。

(Visited 118 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう